カテゴリ「ふるさとの森づくり」の1330件の記事

2017年8月18日 (金)

スタッフの心を耕す樹徳高校生の感想文に感謝!

 終戦記念日の15日、先月(7/23)に体験植樹をした樹徳高校生全員(21名)の感想文を広井先生が送ってくれました。感想文を読んで、私たちのサポートが未来を生きる若者達の命をつなぐきっかけをつることができたのだ、ということ噛みしめ胸の奥に刻むことができたことを嬉しく思いました。サポートしたスタッフの皆さん、お疲れ様でした。以下、その感想文(一人)を紹介します。

P7237203  「今回、足尾の植樹ボランティアに参加して、普段の生活ではあまり聞くことのできないことや、体験できないことが沢山できたのでとても良い経験になりました。

 最近大雨による被害が沢山ニュースで報道されるのを見て、凄いなと思うけど自分のところは大丈夫だろうと思っていました。しかし、いつどこでなにが起きてもおかしくない。そんなことを常に頭に入れておかないと、もし起きた時に大変なのだと思いました。そしてまずは近所のところから調べていきたいと思いました。

P7237155  今回なぜ植樹をするのか。それは、私たちは森に生かされている。森は友達だということがわかりました。人間にはできないことを森はしてくれていて、人間はそれに助けられているので、森は大切なのだと思いました。その森を守っていく活動に参加できてとても光栄でした。

P7237184

P7237181  実際に自然と触れ合って、植樹ができてよかったです。一本一本丁寧にできました。なかなかできない経験だったのでとても楽しかったです。みんなで植えたので全て大きく元気に成長してくれればいいなと思いました。少しでも環境について、森について貢献できたのではないかなと思います。この経験を活かして、これからも環境について考えて、自然を守っていこうと思いました。本当に良い経験になりました。ありがとうございました。」(2年女子)

 樹徳高校の教諭と生徒の皆さん、大切な友だち(森)が元気になれるようにこれからも声援ください。感想文を書いてくれた皆さんに心から感謝します。(理事 髙橋佳夫)

2017年8月17日 (木)

いにしえの松木の杜を追想して森作業

 8月15日、お盆休みの足尾・松木沢は大粒の雨が降り続き、ジャンダルムも濃い霧に隠れて、山肌の谷筋からは普段は顔を見せない滝が現れて一幅の絵のようでした。

1

2  お盆休みのなかを芳賀町の弘永さんが久し振りに、手伝いに来てくれました。初顔合わせの事務局・福沢君に弘永さんを紹介し、コーヒーを飲みながらの打ち合わせでしたが、いつの間にか「終戦記念日」や戦争と平和の話に発展。

3

4

6  10時30分を過ぎた頃、雨が小降りになってきたので作業開始。上の苗床から中苗床へポット苗を運び込み、テントの中で苗の草取りを行いました。軽トラを有効に使い、52トレイを運び込み、32トレイの草取りを完了させました。初めての弘永さんには、福原スタッフが土づくりや草取り方法を丁寧に伝えていました。

8

9  昼食後は、旧松木村の祖先が祀られている3ケ所の墓石を三人を案内し、いにしえの村を描いていただき、村人の気持ちに合掌しました。

10  帰り道、民集の杜入口(看板脇)のネットが大きく歪んでいるのを発見、内側の草は獣らしきものが寝そべっていた跡が有りました。ネットの歪みや寝そべった跡からすれば恐らく熊だと思います。目撃情報が沢山あり、要注意です。

5

 今年の夏の陽差しはどこへ行ってしまったのでしょう?栃木県では日照時間が平年の30%にも満たない状況で、植物は満足な光合成が出来ません。40年ぶりだという報道もあり、地球温暖化の影響なのかと心配です。一本でも多くの木を植えるなど、出来ることをやり、地球温暖化にブレーキをかける暮らしを拡げていかなければ!と思う森作業でした。

7  本日のボランティアは弘永さん、福沢さん、福原さん、橋倉でした。(報告、橋倉喜一)

2017年8月13日 (日)

お盆を迎え、松木村の墓に花をたむけて平和を祈る

旧のお盆を迎えて、旧松木村にある三か所の祠に花を添えて合掌しました。

鎌田スタッフが家から持ってきたものと、足尾の社宅近くに咲いていた、

野の花を少しいただきました。

P1020177_3

P1020183

P1020186 今日は、雨上がりということもあり、松木川はゴーゴーと音を立てて流れています。

この音が、爆音などに変わる日が来ないように、いつまでも鳥のさえずりや鹿などの

鳴き声で癒される平和な松木でありますように、と松木村のご先祖様にお願いしました。

P1020194

P1020195_2

その後は、先日台風の接近のため中止した臼沢の森の草刈りを、鎌田、加賀の2名で行

いました。

Dsc_0481_3

Dsc_0473_2

Dsc_0475 現場では、ご覧のように小さな苗木は草に埋もれていましたが、しっかりと生きています。

神経を尖らせながら慎重に草を刈っていきましたが、何度も苗を切りそうになり、鎌での丁寧な草刈りにすべきと考え直し、草刈り機での除草は断念しました。本日の、作業者は鎌田孝男スタッフ、加賀春吾スタッフでした。(報告 加賀春吾)

2017年8月12日 (土)

森の中は宝の山、森と生きる暮らしの知恵が文化も創造する?!

朝、窓から森を眺めていると熊かイノシシのいずれかが土をほじくりかえしていた。P8127240_640x480P8127236_640x480  昼前はキイロスズメバチに注意して草刈り、午後は『森びと通信』の編集。印刷会社社員が夏休み後に出社するまでが勝負。9月1日に発送予定だ。

P8108403_640x480  足尾の森びとは今月が休養月、といっても森作業は週に一日行い、土日祭日は舎人が「みちくさ」で当番している。身体の休養日とはいえ、事務局とスタッフは、仕事の合間に「スタッフ会議」、「事務局会議」を行い、森とも精神を鍛えつつ、事業の執行に余念がない。

640x479  何せ、相手が手ごわい、人間が支配できない自然だから。計り知れない自然の力が相手だから、自然に寄り添っていかなくてはならない。自然と向き合っていくと、その過程では森の生きものたちは色々な事を教えてくれる。それが知恵となって森と生きる“心構え”や文化が創り出される。それはバーチャルな世界では絶対につかみきれない人間の財産である。

P8058302_640x480

640x479_4  そのひとつが“五感”ではないか。森の中で鳥の声や虫が飛ぶ音や鳴き声を聴いていると、気温の変化で声や音が違うことに気が付く。勿論、土が掘り返されている現場を見ると、緊張感を感じてどんことに注意しなければならないのか、と考えさせられる。

P8108408_640x531

640x480  来週の土日(19日~20日)は、「心の森探訪in布沢集落」である。只見町布沢集落のブナの森を散策しようと計画したが、先月、少人数の高齢集落に大雨が襲い、田やあぜ道、生活道路などが被害にあった。予定を変更して、初日を流出した土砂などの片づけを手伝うことにした。少しばかりの手伝いから集落民の森に寄り添う暮らしの知恵をつかんできたい。

640x479_5  土砂などの片づけを手伝ってくれる方は森びとフォームページで申し込んでください。

(理事 髙橋佳夫)

2017年8月 5日 (土)

南相馬市の10・14鎮魂復興市民植樹祭提供の苗づくりは順調です

 筆者の住まいは伊達市保原、7時40分に車で家を出て南相馬市の雫浄化センター育苗場へ。途中、八木沢峠付近の気温は14℃、霧雨と濃霧で前方が霞み、65歳過ぎた筆者はスピードを落として慎重に運転。南相馬市の苗床は背丈ほどの草が生い茂っており、当然、ポット内も草が伸びていた。

Img_0679_640x480

Img_0683_640x494  昨日(4日)の作業は、育苗場周辺の草刈り作業と第5回植樹祭(2017年10月14日)に提供するポット苗の草取りと追肥。樹種をヤマザクラ、ムラサキシキブ、スダジイ、シラカシ、アカカシの5種に決め、9時半から作業を開始。

Img_0677_640x480

Img_0684_640x518  時を忘れて草刈りに夢中になっていたので休憩をとらなかった。猛暑日ではなく良かったね!と互いに注意喚起。昼前には終わりそうもないので、昼食を食べた後も引き続き作業を行い、無事終了した。

Img_0689_640x480

Img_0687_640x478  岩橋応援隊事務局は7月をもって会社を退職した。これまで以上に彼の経験と実績を活かして、応援隊のリーダーとして頑張ってほしい。第5回植樹祭(10/14)で全国の皆さんとお会いできることを楽しみに帰路についた。

Img_0686_640x480

Img_0688_640x461  昨日のボランティアは、渡部、松林、岩橋、東城でした。

Img_0691_640x477  途中の飯舘村の道の駅付近には沢山のひまわりの花が太陽に向かって咲いていた。どうしてか、疲れが吹っ飛んだ気がした瞬間だった。(報告 東城敏男)

2017年8月 4日 (金)

異常気象による大雨と向き合う心構えを磨き上げる?

 九州北部豪雨から今日で一ケ月。まだ家族の生存が確認されていない方や避難生活をしている方、そして見通しもつかない中で、土砂と瓦礫の片付けに汗を流している方を報道で見聞きしていると、他人ごとではない気がして身が引き締められる。 

P8037213_640x480 時として、もしかして近年の大雨による土砂流出災害は人災ではないか、と思ったりする。一昨年の鬼怒川堤防決壊、昨年の岩手県と北海道の台風10号の直撃、そして広島市での住宅街を襲った深層崩壊、東京都大島町の土砂流出などを振り返って考えてみると、土砂流出災害が他人事のようにしていた結果であると思わざるをえない。

P8038209_640x533  九州北部豪雨ではJR鉄橋の橋げたが流木の力で流されたが、その上流の橋げは四年前の大雨で流木が溜り橋げたが壊され、流木が溜らないような橋げたにしていた。今度の大雨では、流木が下流のJR鉄橋の橋げたを壊してしまったという。九州大の教授は河川全域の橋げた対策を提言していたというから、財政の問題はあるにせよ対策が遅れて地域住民の命と暮らしを奪ってしまったことを、行政はなんと言うのか。

P8037221_640x589  足尾の森作業の昼休みなどでスタッフの話になる事は、1時間に100㎜の雨が降ったら中倉山の少ない土砂と松木川はどうなるのか、である。100年以上もの時間と費用そして労力をかけて、やっと草木が生きられるようになった斜面は流されてしまうのか。土砂が溜っている砂防ダムは大丈夫なのか、という話である。

P8037214_640x522  国交省足尾砂防出張所に聞いてみると、「砂防ダムは土砂が満杯になっていることが正常な状態。土砂が溜って安定勾配になると水の流れが緩やかになり、一気に水や土砂が流れないようになる」、また、松木川の急斜面は岩石が露出している所が多いから「斜面は土砂が少ないので、土砂が流れ大変だ」という認識はないという。

 なるほどであるが、100年以上もかけて育ててきた少ない土砂と一緒に草木が流されてしまうことに私は危機感と恐ろしさを感じる。こんな時、田中正造さんはどんなアクションを起こすのだろう。正造さんの研究をしている方々のご意見を伺いたいものだ。

Photo  私たちはやっている”つもり人”からできることを実行に移す”つくり人”になろう、と日夜努力している。「知的に武装」しているだけでは異常気象の暴走に、権力者の暴走に向き合っていけないと思うからだ。「局地的集中的大雨」、「ゲリラ豪雨」と向き合うにはその原因と要因に向き合っていかなければと思う。つまり、地球温暖化にブレーキをかける暮らしと社会を築き上げることではないかと思う。そのために私たちは「知的武装」していきたい。明後日は、足尾のスタッフが東京に集い、現役からリタイアしたシニア達の志をさらに磨けあげる。(理事 髙橋佳夫)

2017年8月 1日 (火)

森への畏敬の念を持ち続けた旧松木村村民が帰るふるさとの草刈り!

 今日の松木沢はいつ雨が降り出してもおかしくないあいにくの天気です。

008_640x480  朝一番の作業は「ひぐらし亭」(木陰の涼しい風が吹き抜ける休憩スペース)のコンパネを片付ける作業。しかし、ここ一週間、梅雨明けしたにも拘らず雨の日が多く、案の定コンパネは濡れていました。このままシートにくるめばその結果は明らかですので、話し合った結論、コンパネを「雲集亭」に運んで乾燥させたうえで片付けることにしました。コンパネの間に竹の棒をあてがい、風通しを良くしました。

004_640x480

002_640x479

005_640x526 その後は、カシワのポット苗の草取り、土の補充を行い、38トレイを整えました。来年には柏餅をくるめそうな大きな葉を付けている苗もありました。

 

015_3_640x482

011_640x480 今日は鎌田スタッフが臨時に作業に加わりました。その理由は、8月に入り、旧盆が近づいてきたので旧松木村の先祖が眠る墓石や祠周辺の草刈りをしたいから、とのことでした。その想いが旧松木村の皆さんに届けば、こんな嬉しいことはありません。野に咲く花が一番だと思います。きれいになったお墓に花を飾ってあげて下さい。

007_640x480

012_495x388

013_640x480  午後は育苗作業の用具などの移動を行って環境整備をしました。ポットと言う限られた場所で生きている苗達にどれだけ手を差し伸べてあげられるのか、そんなことを思った今日の森作業でした。今日のボランティアは、鎌田、松村(宗)、福原、橋倉でした。(報告 橋倉喜一)

 

2017年7月25日 (火)

松尾鉱山跡地で大和ハウス社員が植樹祭!

 八幡平の20日、天気は猛暑が予想されていましたので植樹は午前中に行いました。植樹をしてくれたのは恒例となった大和ハウスの皆さん62名。

Img_2009  10時頃から開会式、鎌田事務次長の進行係あいさつで始まり、泉山 忍所長からは、松尾鉱山跡地に森づくりをする意味、地球自然環境問題と森の役割、森と向き合うことの大切さ等の話しをさせていただき、植樹をして頂きました。 

Img_1986

Img_1993

Img_1992  恒例となったので参加者の中には“ベテラン”もいましたので、私たちのアドバイスがなくても順序良く丁寧に植えて頂きました。

Img_2007_2  最後に全員で記念撮影を行い、植樹祭は事故無く怪我無く無事に終了いたしました。終了後、恒例の昼食交流会に私たちも参加し親交を深めました。(報告 泉山 忍)

2017年7月23日 (日)

「生存が不安定な時代」を迎えない為に、高校生が体験植樹

  雨が心配だった本日の体験植樹サポート。サポートに集まったスタッフたちの気持ちは「雨よ!止んでくれ」と願って、小雨の中で最終チェック。

Photo_10  9時半過ぎ、生徒教諭総勢28名が「森びと広場」に到着。学び舎の「うんしゅう亭」に座って、早速、講義開始。

Photo_11

Photo_12

Photo_13 進行役の加賀春吾事務局員から本日の日程とサポートするスタッフが紹介されました。続いて、当委員会を代表して大野昭彦理事から歓迎のあいさつ、続いて講義に入りました。

P7237160

P7237161  講義は、筆者から約一時間にわたって行い、各地を脅かしている大雨と洪水被害、その原因と人間の暮らしとの関連、未来を生きる若者たちの森と向き合う暮らし方を考えるきっかけ等を提起しました。

2

Photo_14  続いて場所を「民集の杜」へ移動し、ひとり最低3本の幼木を植える体験に移りました。現場では、橋倉インストラクターから植樹方法が説明され、本日の植樹目標11種・105本の幼木を植えました。

Photo_15

2_2

Photo_16

Photo_17  スコップを扱うことが不慣れな若者達でしたが、スタッフと教諭のアドバイスで10分もすれば無駄な力を使わないで穴を掘れるようになっていました。マルチング用枯れ草をバトンリレー方法で運び、土の乾燥防止と草木の生長を抑えるための枯れ草を敷きました。1時間程で105本の幼木を大地に植えることが出来ました。

Photo_18

2_3

Photo_19  「うんしゅう亭」に戻って昼食。午後は本日植えた幼木は13年目を迎えるとどのくらい大きく育つのかを実感していただくために、「臼沢の森」を観察しました。

Photo_20  午後2時半頃には「森びと広場」に戻り、体験植樹修了の記念写真を撮って帰路に着きました。樹徳高校の生徒と教諭の皆さん、本日は105本の幼木を植えて頂きありがとうございました。また、地球温暖化にブレーキをかけていただけたことに嬉しく思います。

Photo_21  サポートしたスタッフ一同は、未来を生きる若者たちの森と寄り添う暮らしを考えるきっかけになってくれることを願っています。本日のボランティアは、鎌田、松村宗雄、橋倉、仁平、加賀、清水、岡部、高橋でした。(報告 高橋佳夫)

 

2017年7月22日 (土)

森に寄り添って生きる日本人の暮らしのひとコマが見えた夏の感謝デー

Photo_2  森ともの願いと努力に応えてくれたような足尾・松木沢の「夏の感謝デー」でした。

Photo

2  草刈り協力者は10時集合でしたが、先発の方々は時間がもったいないと、苗床でポット苗の草取りをしてくれました。

Photo_3  協力者全員が揃ったところでミーティング。福澤事務局員の進行で打ち合わせは進められ、まずは稲葉理事から歓迎の挨拶、その後は松村宗雄スタッフから草刈りの説明がありました。

Photo_4

Photo_5

Photo_6  午後には雷雨が心配でしたので、早速、臼沢の森へ出発。今日の感謝デーには30名が集い、真夏日が連日続いて乾燥した臼沢の森斜面に腰を据えて草刈りをしました。

Photo_7

Photo_8

2_2

Photo_9  今年の5月に植えた苗木たちは連日の暑さの中で草と競争していましたが、感謝デー参加者が草の斜面に一列に並び、上に張ってあるネットを目指して草刈り開始。予定していた作業時間ピタリに草を刈り終えました。事前の準備作業をスタッフが完璧に行っていた結果の草刈りとなりました。

Photo_10

Photo_11  下山途中には測った様に雷が鳴り、「うんしゅう亭」に到着した時にはシャワーのような雨が降ってきました。気温の下がり、旬のジャガイモ、ミョウガ、キュウリ等の野菜が入った「冷汁」で群馬県産小麦を使った冷麦をご馳走になりました。

Photo_12  交流会では臼沢の森草刈の感想を語り合い、自然の有難さと自然の猛威に向き合い人の心構えなどの話も出ました。

Photo_13  また、マヨネーズを使い終わったチューブに穴を開けて、それを糠床に刺し込んで糠床の水分を吸収している、という暮らしのリサイクルの話しから、少なくなりつつある“家庭の味”の大切さなどの話もでました。

P7207056  今日の「夏の感謝デー」は1902年に廃村に追い込まれた松木村村人の森と生きてきた暮らしを想い描けたひと時でした。感謝デーに集ってくれました森ともの皆さん、暑い中で“山と心に木を植えて”いただきありがとうございました。(報告 高橋佳夫)

森びと検索

最近のトラックバック