« 2017年8月 | メイン

2017年9月の14件の記事

2017年9月23日 (土)

JR東労組横浜の皆さんが育てた元気な苗木が南相馬市に届きました

 第5回南相馬市鎮魂復興植樹祭(10月14日)もあとひと月余りとなりました。予定では2万本以上の苗木が森の防潮堤の主役として植えられます。

Img_0790 JREU横浜・助川書記長から応援隊・渡部代表へ苗木が届けられた

Img_0789

Img_0796  昨日(9/22)は、神奈川県内のJR東日本で働く組合員が仕事の合間に育てた苗木を南相馬市に届けてくれました。届けてくれたのはJR東労組横浜の皆さん。苗木6種・2.798本は横浜から6時間かけて2台のトラックで運ばれてきました。

Img_0791  応援隊は南相馬市で皆さんと合流し、市内の雫浄化センター育苗場に向かいました。届けられは苗木は、組合員とその家族、組合OB、森びとファンクラブが手塩にかけて、3年間丁寧に育てられたそうです。届けられは苗木は、シラカシ、タブノキ、スダジイ、アラカシ、ウラジオカシ、ウバメカシの元気な幼木でした。

Img_0793

Img_0794  この幼木たちはこれから南相馬市の自然環境に慣れ、この大地に根づくように育てていきたいと願い、私たちは運ばれた幼木をネットからトレイに移し替えました。そして南相馬市の水をかけてやりました。

Img_0795  大船から参加した若者は、「昨年同様、両親に植樹祭の参加を呼びかけ、来月も参加します」と笑顔で話してくれました。JR東労組横浜のみなさん、元気な苗木を届けていただきありがとうございました。後の育苗は応援隊にお任せください。お疲れさまでした。来月の植樹祭でお会いできることを楽しみにしています。昨日の応援隊スタッフは、渡部、松林、東城でした。(報告 東城敏男)

2017年9月21日 (木)

森づくりは大地を耕し、心も耕す出会いの場

 昨日は台風18号が運んだ温かい空気に寒気がぶつかって秋田県や北海道では強風と雨で暮らしに被害がでました。お見舞い申し上げます。

1  足尾の天気は曇天でした。昨日の作業は越冬準備をしました。「うんしゅう亭」の軒から流れる雨によって軒下に溝ができないように、昨年暮れに伐った竹の枝で雨粒の衝撃を和らげる対策をしました。

P9208568

P9208571

P9208582  この地は間もなく西北の風と北風が吹き荒れます。来月と11月には体験植樹に来るアジアの学生たち、「秋の感謝デー」に来る植林ボランティア皆さんがこの地に集い、交流を深めます。「うんしゅう亭」はその会場、会場を吹き抜ける冷たい風を防ごうとビニールシートを張ることにしました。そのひとつの案を試してみました。

P9208588

P9208592  昼食後の休憩では、森作業を手伝ってくれはじめた大手建築会社の役員をしていた福田さん、定年後のアルバイトをしながら休みに森作業をしているスタッフの福原さんたちと会話。話では、近所に住む方々との“挨拶”の大切さ、旅に出た時などの“ひと言”の有難さなどを噛みしめました。

P9208595  また、役員時代に培ったことの話として、“部下たちやその家族を思いやることは理屈ではなく具体的な気配りや心配りから始まる”ことの大切さはどこでも同じだね、という話をしました。

P9208597  昨日のボランティアは仁平、福原、福田(修)、髙橋でした。(報告 髙橋佳夫)

2017年9月20日 (水)

足尾・深沢の森を探索・巨木のカツラとヤマグルマに感動!

ツクツクボウシが鳴く足尾の初秋、天高く青空が見える朝、昨日(19日)は足尾・深沢の探索をした。「どくだみ荘」駐車場に9時集合、即、車に乗り合わせて深沢入口約10分。

1

2  車高の低い車では底を傷つけるほどの悪路を進み、台風18号が降らせた雨で水量が多くなった深沢を渡る。流木などで足場を安定させて、対岸の道へ。

3

4  深沢の脇道は日光・半月峠まで続き、昔、足尾と日光男体山を結んでいた生活道路。探索の目的は、この沢も煙害に遭った以降、どんな森に変わりつつあるのかを観察する「生態観察チーム」が現地入りする前の下見、また、足尾の森で唯一生きている常緑樹・ヤマグルマの生息地確認であった。

5

7  爽やかな秋風に清々しさを感じ、気持ちを静めてくれる沢水の流れの中を10分程歩くと深沢ダム5号に到着。道は緩やかな登りだが、登山という感じの登りではない。

9

10  30分程歩くと道の両側は石が並べてある生活道路となった。左手には杉の経済林となり、熊剥ぎ防止がされていた。

11

 

Img_20170920_085440

 そこを過ぎると森には杉が無くなり、ミズナラ、リョウブ、カツラ、イヌシデ、ヤマザクラ、ホウノキ、ヤマハンノキ等の高木、中木ではチドリノキが目立つようになった。

13  目と心に優しい森を60分程歩くと、左手に檜の経済林が現れる。ここまで来ると巨木のカツラは近い。

Img_20170920_085311

Img_20170920_085105

16

17  10分程で直径610㌢、樹高は目視で20m、太い幹を20本程の細い幹が支えている巨木のカツラに到着。ここには神社跡がある。私たちは幹に触れ、てっぺんを眺めてため息が出た。

18

Img_20170920_085352
 さらに緩い登りの道を歩くこと10分程、滝の音がする。この滝を私たちは「アカマツの滝」と呼んでいる。滝の右上には、樹皮が綺麗な赤松が生えているのでそのように呼んでいる。この手前の崖斜面にヤマグルマが数本生えている。

20170919  滝つぼに降り、ヤマグルマが生えている場所を確認、実を付けていることも確認できた。煙害などで森が痛めつけられてきた足尾の森で生き続けているヤマグルマを、私たちは松木村跡地にも生きてほしいと願っている。19日、そのヤマグルマがしっかり実を付けて、命をつないでいる様子を見ることができて嬉しかった。

20

21  石を座布団にして生長しているカエデの仲間、その後を追って石にへばりついている幼木のカエデを見ながら、昼食を食べて下山した。

Photo  途中、地面にはドングリが沢山落ちていたので、熊や鹿、リスやネズミたちもこれでひと安心だね!と思いました。探索者は、鎌田、松村、橋倉、仁平、小川、福田哲夫、高橋でした。(報告 高橋佳夫)

2017年9月18日 (月)

台風一過が運ぶ爽やかな秋風と青空の下で森作業

 台風18号の災害にあった方々にお見舞い申し上げます。

Photo  日本海はこの台風で海水が撹拌され、少しは水温が下がったことでしょう。足尾・松木沢の朝は写真の通り真っ青の空と西から吹きつける台風の風が爽やかで、とっても気持ちが良い日のスターとでした。

Photo_2

Photo_3

Photo_4  今日は、新松木の杜の秋祭りの準備作業。2012年5月に植えた新松木の杜の木々たちも写真の通り、元気に生長しています。

Photo_5

2  コナラ、ヤマザクラ、トチノキ、クヌギ、シラカンバ、イロハモミジ等は幹の太さが大人の腕程に太くなり、樹高は3mを超えました。この木々の葉は間もなく黄色や赤色に化粧して、森一面が賑やかになる秋祭りを迎えます。私たちも秋祭りを楽しもうと、今日は下草を刈りました。

Photo_7

Photo_8 Photo_6

Photo_9  午後3時過ぎ、作業を終えて帰る支度をしていると、二歳のキツネが挨拶にきてくれました。

Photo_10  今日の作業は秋の風が台風に運ばれて清々しい気分で行えることができました。来月下旬には楽しい秋祭りがはじることでしょう。

Photo_11  森ともの皆さんとお会いできることを楽しみにしています。今日のボランティアは松井、仁平、高橋でした。(報告 高橋佳夫)

2017年9月17日 (日)

台風前の一仕事

今日は事務局メンバー有志発案の足尾作業日でした。

P9170292

毎日のように現地で作業をしてくださるスタッフにくらべ、事務局は足尾に入る機会が少ないメンバーが多い、と言う自戒から、少しでも多く現地での作業をしよう!という水落事務局次長の声に集まったメンバーです。スタッフも含めて、15名が集まりました。

Dscf2938台風18号の荒天で中止も検討しましたが、午前中ならば多少の雨で済むだろうとのもくろみで、強行開催です。

Dscf2947

幸い予想通りの天気で、一年目、二年目の植樹地を中心に草を刈る作業を行いました。前日までのたくさんのボランティア作業のお陰で、ほとんど刈る場所がない位でしたが、残っている植樹地の下草を、丁寧に抜きました。

Dscf2936
民衆の杜の順調な成長や、植えていないはずの木々、虫たちとの出会いといった小さな変化を楽しみながらの作業となりました。

P9170276

午後からは、薪ストーブの煙にいぶられながら、このあとに控えた秋以降のイベント情報を一同で共有し、少し早めに解散しました。雨のなかの作業でしたが、作業後は一仕事終えた感で満足な一日となりました。

Dscf2950

本日の作業は、小林、水落、加賀、宮原、済賀、人見、清水、鎌田、橋倉、柳澤、武田、高橋、松井、仁平、小黒(報告)でした。

P9170284クリが大豊作!

2017年9月16日 (土)

台風18号の進路が気にかかる足尾・松木沢の森作業

 気になる台風18号接近、中倉山は雲を被っていました。幸い雨は降りませんでしたので森作業にはもってこい日でした。

P9160016  朝9時の気温は12度、ホットコーヒーを飲みながら打合せ。少しでも作業が捗る様に、早速、刈り払い機を持って「民集の杜」の草刈りへ!

P9160018

Photo  作業は昨年植えた場所の今年二回目の草刈りでしたが、写真の通り草が伸び放題。苗よりも大きくなった草を刈ったり、植樹会場の周りの草を刈りました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4  草を刈って嬉しくなることは、植えて3年程たっているクリが小さいながらも毬栗を沢山つけていることです。今年は昨年と比べて多くのクリが実を付けてくれました。3年前は草地だった所は、実を付けたクリが元気に育っているので、昆虫から動物たちにとってみればレストラン街になっていることでしょう。

2

Photo_5  15時半、みちくさ当番の二人も加わって南相馬市「鎮魂復興市民植樹祭」に提供する苗木の運搬等を話し合って今日の作業は終わりました。

Photo_6  今日の朝、松村宗雄スタッフは26年物の梅干を持ってきてくれました。今年は日照時間が少なかったので、梅干しの出来が良くないと言われていますので、小粒で美味しい梅干しに感謝です。松村宗さん!いつもご馳走様です。

P9150014


 昨日から上の写真の本を読みながら文章が読みやすく書けるように勉強しています。皆さんからのアドバイスもよろしく。本日のボランティアは鎌田、松村、高橋、仁平でした。(報告 仁平範義)

2017年9月14日 (木)

秋の彼岸入り願うことは“森と生きるライフスタイル”へ舵をきる

シンガーソングライター・チョージさんが歌っている「心の森」(森びとのイメージソング)の歌詞は、「想像できないような、千年後の未来も 今この瞬間から始まっている 僕らが植える、小さな苗たちは 共に命をかけて未来をつくる・・・・」からはじまっている。

P9118379  あと一週間で秋彼岸の入り、田んぼの畔に咲くヒガンバナを見る度に、この歌詞が思い浮かぶ。天空の河の向こうの森は想像できないが、木を植えていくことは見えない明日の僕らのふるさとになっている気がする。

P9118372  世界の人口は2050年に98億人と言われ、食糧需要は現在の1.6倍に達するという。トウモロコシは2030年頃から減少に転じ、大豆も同じ傾向となるようだ。今のペースで地球温暖化が進めばの話しだが、世界全体の穀物収穫量は伸び悩むと、農業・食品産業技術総合研究機構(つくば市)が試算した。人口増加に伴う食糧需要の伸びに生産が追い付かず、世界規模の食糧危機を招く恐れが現実化しそうだ。

P7197016

3  台風18号が上陸した宮古島では強風と大雨によって被害が出ている。その後の進路が気にかかる。想定外の異常気象対策は喫緊だが、千年先後の未来を描き、見えない明日のふるさとを苗木に託していくことはできる。

P9118381  これ以上地球を温めてはいけない。暮らしと社会を見つめ直し、森と生きるライフスタイルに舵をきっていくことも喫緊ではないか。河の向こうの先人はそれを待ち望んでいるのではないのか。、“つもり人(びと)”から“つくり人(びと)”へ(理事 髙橋佳夫)

2017年9月13日 (水)

JR東労組大宮のOBが森作業に汗し、13年前に植えた木々の生長に感動!

 昨日(12日)、足尾ダムの落水はいつもより多いと感じました。ダムゲートのそばに生きるヤマボウ

シには赤い実がたわわに実り、蜂や鳥たちを呼んでいるようでした。

Cimg6915_2

Cimg6920_2

 昨日は毎週の育樹・育苗日でしたが、草取り作業に大勢の手伝いが来てくれました。JR東日本で長年働いていたOBの皆さん(JR東労組OB会)が現役の頃植えた木々たちを見て、少しでも元気にさせたいと26名が来てくれました。向かいいれたのはスタッフ6名、まずは福田哲夫スタッフから作業前の打ち合わせのミーティングを行いました。

Dscn4630_5

 最初に、大野昭彦理事(東京事務所長)から歓迎の挨拶、続いて、橋倉スタッフから作業説明をしました。

Cimg6922_2

Cimg6932_2

 作業は「民集の杜」の草刈り、皆さんは今年5月に植えた幼木と競争している草を刈ってくれました。総勢32名は、二手に分かれて草刈をスタート。草は見る見るうちに刈られていきましたが、ヤブカラシのツルにてこずっている皆さんもいました。それでも、3~4人で草刈をしているスタッフの作業とは雲泥の差でした。作業はあっという間に終了しました。

Cimg6942_2  作業をしていると蜂を発見、即、殺虫剤ジェット噴射で巣のある穴を塞ぎ、応急処置。幸いに刺された人はいませんでした。草刈後は、昨年植えたエリアの草取りも行ってくれました。背の低い苗木の周りの草を抜きました。皆さんは、「たった1年でこんなにも違うのか!」と、木々の生長に驚いていました。

Cimg6941_2

Cimg6945_2

草取り後は記念撮影、その後は13年前に植えた「臼沢の森」の観察会を行いました。殆どのOB会員は、一度はこの地で作業経験のある方で、「階段を何往復もした」とか、最初の植樹祭に来て植えた時の話をしていました。多くの皆さんは、13年経って生長した森を見て感嘆の声をあげていました。

Cimg6947_2

Cimg6949_2

Cimg6952_3

Cimg6955_2

 作業と観察を終えた後は、昼食交流会。森びとスタッフが自己紹介を行い、参加者全員から感想をいただき

ました。参加者は殆どの人が森づくりの経験者で、背負子で土を運び揚げた思い出、宮脇先生から「土を舐めてみなさい」と言われ時の感想、「当時の森作業は本当にきつかった。二度と足尾には来たくなかった」などの感想を話してくれました。

 また、「久しぶりに来て、臼沢の森が本物の森に育ちつつあるのを見てよかった」「最初の植樹祭には2歳息子を連れて植樹したが、すごい森になりの感動した」「この森をつくったその一員だということに誇りを持てる」なども語られました。

 大谷OB会長は、「今回の森作業では辛くて二度と来たくないという人がいないので、来年もやります」とまとめてくれました。交流会中には、子キツネが現れ、JREUOBを歓迎しているようでした。

Cimg6985_2

Cimg6990_2

JREU大宮のOB会の皆さま、未来の命の源である森を育てていただきありがとうございました。サポートしてくれたスタッフの皆さまお疲れさまでした。本日のスタッフは、大野、鎌田、松村宗、橋倉、松村健、岡安、福原、小川、福田、加賀でした。(報告 加賀春吾)

2017年9月11日 (月)

南相馬市の森の防潮堤に植えた木々は元気ですよ!

低温と長雨でうっとうしい毎日ですが9日は、お天道様もきらきら輝き秋晴れの浜通り・南相馬市でした。今日の作業はこれまでの植樹祭で植えた苗木の植生調査の準備をしました。植樹した後の最低3年間の下草取りと育樹作業は絶対不可欠となるということを肝に銘じていますので、その大切な作業でした。

Img_0768

Img_0771  応援隊は、苗木の生長観察を第2回植樹祭会場(平成27年3月29日)及び第3回植樹祭会場(平成28年3月27日)で行いました。5㍍×5㍍の枠内に植えてある苗木の樹高、幹の太さ、葉の大きさや色合い等を記録しています。

Img_0772  観察は、植えた桜の生長を見ていると、3~4年後にはきれいな花を咲かせて“花見”に夢膨らませてくれる楽しい作業でした。

Img_0783

Img_0775 上の写真は昨年植えた防潮堤です

 第5回植樹祭(10月14日)まで1ヶ月余りとなりました。JR東日本で働く東日本旅客鉄道労働組合の組合員の皆さんが各地で育てている苗木が今月から南相馬市の雫浄化センター育苗場に送られてきます。その受け入れ作業も行いました。

Img_0777 上野写真は昨年植えた防潮堤

  全国から集う植林ボランティアの皆さんと植える第5回植樹祭までの事前準備はお任せください。当日は、楽しく、丁寧に未来の暮らしの基盤となる森の防潮堤となる植林を成功させましょう。植樹祭会場でお会いできることを楽しみにしています。本日は、松林、岩橋、東城が作業しました。(報告 東城敏男)

2017年9月 9日 (土)

「パリ協定」離脱表明撤回をトランプ大統領に要望しました

Photo 今日の関東地方は天高い青空の秋晴れでしょうか。

Photo_2  今年も異常気象の猛威は各国の国民の暮らしを脅かしています。日本では「50年に一度の大雨」が4回も降りました。アメリカでは、ハリケーン・「ハービー」が数日間で1300㍉を越す大雨を記録し、貯水池や湖の堤防が決壊したヒューストンでは町が浸水して犠牲者と被害が起きています。テキサス州の市民は避難生活を今でも強いられています。

Photo_3  海水温度の上昇が主な原因として言われていますが、地球温暖化にブレーキをかけていこうとする「パリ協定」の離脱表明したアメリカ大統領・トランプさんは、このような現実に直面していても離脱表明を撤回し、世界の人々の暮らしを脅かしている根本的な原因に迫ろうとしていません。

Photo_4  当委員会は、7月30日の第二回理事会で審議・決定した「バリ協定」離脱表明の撤回をトランプ大統領と駐日アメリカ大使館へ要望しました。

アメリカ合衆国大統領 ドナルド・ジョン・トランプ 殿

駐日アメリカ合衆国大使  ウィリアム・F・ハガティ 殿

           「パリ協定」離脱表明の撤回を要望します

去る26日のハリケーン「ハービー」上陸による被害にお見舞い申しあげます。

貴国は、温室効果ガス排出国世界第2位であります。その貴国が実質的な温室効果ガスの排出ゼロに向けた世界全体の気候変動対策を決めた『パリ協定』を離脱することは、世界各国を裏切る背信行為だと言わざるを得ません。さらに、その意味は世紀末の生存を危うくする暴挙であり、未来を生きる子供たちの生活基盤を奪うことです。貴国のパリ協定からの離脱表明の撤回を強く要望するものです。

 トランプ大統領は日本時間6月2日午前4時すぎ、「アメリカ、そして米国民を守る重要な義務のため、アメリカは『パリ協定』から離脱する」と表明、8月4日には、アメリカ政府は正式に国連に「パリ協定」離脱の通知を発表しました。

 トランプ大統領は、大統領選挙期間中に「(温暖化が)中国によって中国のためにでっち上げられた」デマだと主張しました。

 しかし、地球上では海水温度の上昇が続き、想定外の大雨と洪水そして強風や干ばつが各国で荒れ狂い、世界各国の国民の暮らしと命を脅かしています。同時にそれは、生態系の破壊や変化を強い、やがてそれは全世界の政治経済問題に発展することでしょう。この生存の危機意識が世界の共通認識であり、全世界は地球温暖化に真正面に向き合って、温室効果ガス削減の取り組みをしていくことが、今まさに「待ったなし!」です。190カ国以上の国と地域が利害を超えて合意したのが、歴史的な『パリ協定』です。

 貴国でも国民の6割が『パリ協定』からの離脱に反対し、州知事や大企業のトップも異を唱えています。全世界の国民がアメリカ政府に望んでいることは、「アメリカ・ファースト」と称して自国の利益を優先する傲慢な政治ではなく、「人類ファースト」へのチャレンジと英断です。温室効果ガス排出国世界第二位のアメリカの責務を果たしていただきたい。

 私たち市民も人類の責務として地球温暖化にブレーキをかける暮らし方にシフトしていくことを明らかにします。

                               2017年8月31日

        NPO法人森びとプロジェクト委員会  理事長 岸井 成格

Photo_5 

森びと検索

最近のトラックバック