« 南相馬市発:命を守る森の防潮堤の草取りと補植を行いました | メイン | 地球のために私たちができることを見つけられた6/26フォーラム・・・その2   »

2016年6月28日 (火)

地球のために私たちができることを見つけられた6/26フォーラム・・・その1

Dscf2271 26日、小田原市内で「原発に頼らない暮らしを考える市民フォーラムin神奈川」が開催された。フォーラムに集ってくれた市民は約300名、その方々から感想が届けられた(当日のアンケートに書かれていたコメント)。写真上:フォーラム会場

Dscf2254

Dscf2256 数十人の感想の一部を紹介する。「つらつら思っていても何も変わらない。選挙に行っても変わらない。じゃあー、どうしようと思っていた私にとってありがたい日でした。」(50代男性)。写真上:主催者挨拶の鈴木梯介(エネ経代表)と来賓挨拶の加藤憲一市長。

P6264600

Dscf2413

  「岸井さんのお話はとても分かりやすかった。私もグータラな毎日でしたが、これからは本気を入れて、生活をしていきます。“つもり(びと)”から“つくり(びと)”へ!子供や孫のために!」(70代女性)。写真上:基調講演の岸井成格理事長とクロージングスピーチの城南信用金庫・吉原毅相談役。

Dscf2330

Dscf2303 「福島原発も辺野古新基地建設もTPPも根っこはすべて同じと思います。つまり、“命より金”ということです。命を大切にする、自然を大切にする、精神的自由を大切にする、そんな社会を実現するために頑張りましょう」(60代男性)、

Dscf2361 「岸井さんの正義感のあふれたお話に感謝します。パネリストのスピーチも勉強になりました。日常を見直すことで、CO2削減できること実感しました。貴重な一日を過ごすことができました。」(60代女性)・・・。

 このフォーラムは、エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(略:エネ経)と当委員会が主催した。この他にも参加者からの感想を読ませていただくと、主催者も今後の運動に元気が湧き、運動の継続の責任を感じさせられた。その都度、フォーラムの紹介をしていきたい。(理事 髙橋佳夫)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/330076/33869061

地球のために私たちができることを見つけられた6/26フォーラム・・・その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

森びと検索

最近のトラックバック