2021年11月29日 (月)

小春日和の中で青空役員会と森作業

 本格的な冬到来となり寒さも一段と厳しくなりつつありますが、今日(11/29)は今年最後の南相馬市鎮魂復興市民植樹祭応援隊の役員会を雫育苗場で行いました。

1

 役員会は岩橋事務局長の議事進行で進められ、第9回鎮魂復興市民植樹祭についての経過報告の後、感想・意見を出し合いました。みなさん、「来年こそは市民限定の参加者から全国の植林ボランティアの皆さんが集い、植樹した苗木が“いのちを守る森の防潮堤”へと生長したところを見ていただきたい」という思いを持っており、出された意見等は実行委員会に反映させていくことを確認しました。

2

 今後の取り組みについては、年末作業・慰労会(12/18)、大掃除(12/23)と続きますが、応援隊スタッフ総力あげて最後までやり遂げようと確認しました。今回、応援隊スタッフにSDGs(持続可能な開発目標17項目)のピンバッジの配布をしました。この配布を通じて、一つひとつの項目が持つ大切さを学び実践していくことを提起し役員会は終了しました。

3

 役員会の後は、ホットコーヒーを飲みながらの休憩タイムを取り、森作業に移りました。作業内容は、トロ箱へのどんぐり(アラカシ、シラカシ)の植え付け、水撒き作業、苗木の樹種と本数チェック、農園のヤーコン収穫、風よけネット作業と各スタッフ10名がそれぞれ分担し行いました。

4

5

6

7

8_2

9

10

 苗木12樹種・1500本ほどありますが、樹種ごとのトレーの整理と名まえがわかるようにプレートを付けようと意見が出されました。どんぐりの植え付けは丁寧に行い寒さに負けないように腐葉土のお布団をかけ水かけしました。来春には芽が出てくることが楽しみです。

12

 農園で収穫されたヤーコン、渡部代表からいただいた「会津みしらずの柿」をそれぞれ家路に持ち帰り、自然の恵みをおいしくいただけることに感謝です。ありがとうございました。お疲れさまでした。筆者は伊達市保原の帰宅途中、遠くに見える蔵王連峰の雪景色を見て感動し写真に収めた一枚でした。

14

 今日の応援隊スタッフは、渡部、菅野、松林、小川、山田、岩橋、道中内、松本、岩橋(恵)、筆者でした。(敬称略)

 (報告 東城敏男)

2021年11月19日 (金)

秋晴れの中、応援隊は森作業に汗を流しました。

 今日は11月19日、今月2度目の集中作業日です。育苗場の気温は 17℃、快晴の一日となりました。

 応援隊9名は10時に雫育苗場に集合し、岩橋恵美スタッフが入れてくれたコーヒーを飲みながら、作業の打ち合わせを行ないました。

P1020281

 育苗場内の草が伸びており、今日の作業は草刈機での除草作業とポット苗の草取り、水撒きを行ないました。

P1020287

P1020284

P1020285_2

P1020291

 その後、10月20日に行われた「里親植樹」(日光市足尾町松木・臼沢西の森)の「植樹証明書」が運営委員会から届き、申し込んだ皆さんに「植樹証明書」の配布を行ないました。皆さん、自分が申し込んだ里親の苗木の植樹場所や樹種、苗木番号と写真を見て「無事に早く大きくなってほしい」と語っていました。

 足尾の森づくりに取り組むスタッフ・サポーターの皆さん、来年の紅葉の時期には、応援隊全員で足尾の森に行ってみたいと話しています。苗木の育樹よろしくお願いします。

P1020283

 作業終了後は、30分程、この1週間の出来事を報告し合い、今後の応援隊の取り組みや活動に参加してくれる会員を増やしていくための市民への働きかけ、市役所に対する要望などの意見交換を行なってきました。

  今日は渡部代表からスタッフ全員にキムチと卵のプレゼントがありました。毎回ありがとうございます。次回は11月29日に第4回役員会を雫育苗場にて開催します。

P1020292

 本日の参加者は、渡部代表、松林副代表、菅野副代表、山田事務局、東城スタッフ、道中内スタッフ、松本スタッフ、岩橋(恵)スタッフ、筆者・岩橋でした。

、(報告:事務局 岩橋孝)

2021年11月17日 (水)

臼沢の森の階段修繕30段完成しました。

 本日は11月17日、森びと広場に到着した8時30分の気温は4℃、天気は快晴ですが、かなり冷えています。早く到着した済賀スタッフが、ストーブに火を入れ、お湯を沸かしてコーヒーも入れ、本日の作業に使う道具類も軽トラに積み込んでくれていました。

 

Dsc019701

Img_2677

Img_2679

 いつも野菜を持ってきてくれる柳澤さんからネギとミカンの差し入れがありました。また、今日は参加していませんが、大塚さんからは来年のカレンダーが届きました。いつもありがとうございます。

Img_2680

Img_2682

Img_2683

 今日は、毎月第3水曜日に行う森作業の集中日です。スタッフ・サポーターが14名も集まってくれました。今日の作業は、15年間使用した臼沢の階段修繕の初日です。打ち合わせを行い、修繕班6名と杭の荷揚げ班7名、そしてカメラ担当(林子さん)に分かれての作業を行うことにしました。

Dsc019021

 荷揚げ班は、横杭1本・縦杭2本を2セット、背負子や背負籠、ザックに積み、臼沢上部から3区画目まで31セット、4区画目まで19セットを運び上げました。

Img_2699

Img_2706

 JR東労組ネイチャークラブから参加してくれた二人も頑張りました。

Img_2701

【滝のような汗を流し作業を終え休憩する荷揚げ班の皆さん】

 修繕班は超ベテランで編成しました。階段づくりはお手のもの。安心して任せられます。臼沢の森の階段を上部から12区画に分け、上から2段目のエリアを2組(3人1組)に分かれて作業を行いました。コンクリートの堰堤に掛かるスチール製階段の手すりが邪魔となり、修繕できない所がありましたが、今日は30か所の階段を修繕することが出来ました。

Img_2690

Img_2694

Img_2695

 林子さんも600段の階段を登り、写真を撮ってくれました。

Img_2707

Dsc019591

 お見事!ベテランの技が冴えわたり、ご覧のとおりの立派な階段が出来上がりました。

Img_2713

【達成感に満ち溢れる笑顔です。】

Dsc019661

 11時30分に作業を終了して下山しました。昼食時には、済賀スタッフが腕を振るった美味しい「キノコ汁」が皆に振舞われました。また、林子さんからチョコレートの差し入れもありました。

Img_2721

Img_2722

 午後は、スタッフ・サポーター会議を行いました。ここでも、チーズケーキやお菓子が出されて今日はみんな太って帰るのでは?と笑っていました。会議は清水副代表の挨拶で、今年はコロナ禍ではありましたが、年間に延べで600人以上の人が森作業や、みちくさの舎人を担っていただいたことへのお礼が述べられました。

 参加者からは、今年一年間の森づくりについて、特に「里親植樹」「中倉山ブナ保護活動」などについて感じたこと、考えていること等を出して頂きました。また、大野運営委員から、来年の活動について新植樹地の作り方や植樹の仕方などの提起があり意見交換をしました。

 最後に、柳澤スタッフから、「一年間皆さん良くやったと思います。成果を一人ひとりが確認して、また森作業に頑張っていきましょう」と締めの言葉があり今日の日程を終了しました。

Img_2725

Img_2727

 Img_2702

 本日の作業参加者は、鎌田、松村健、松村宗、山本、橋倉、大野、福原、済賀、柳澤、清水、林子さん、JREUネイチャークラブから西垣、森成、筆者は加賀でした。(敬称略)大変お疲れさまでした。(報告:加賀春吾)

2021年11月16日 (火)

臼沢の森の紅葉を楽しみながら森作業に汗を流す。

 本日は11月16日。足尾・松木の8時25分の気温は6℃と寒さを感じましたが、風も無く青空が広がり穏やかな森作業日となりました。早速、薪ストーブに火を入れて「遠赤外線」で身体を温めました。

 本日の作業者は、加賀さんと筆者です。加賀さんが入れてくれたホットコーヒーを飲みながら作業打ち合わせをしました。明日から臼沢の森の階段修繕がスタートするので、階段用杭などの資材の荷揚げと道具の準備です。

Dsc05999

 9時前に作業開始。軽トラに背負子を積んで臼沢の森に向かいました。横杭を3本と縦杭を6本の3セットを背負子に載せ臼沢の森を登りました。生の丸太は見た目より重く、背中にずっしりときます。

Dsc06001_2

Dsc06002_2

 大汗を流し階段修繕の資材を背負いながら上を見ると、紅葉するモミジが心を和ませてくれました。昼までの荷揚げを2人で57セットを、「臼沢の乙女」(シラカンバ)の先の中継地点まで上げました。上から2段目の修繕箇所に必要な階段杭の準備が完了でき、2人でほっとしました。明日は、この中継地点から更に上の階段補修地点に荷揚げします。

Dsc06003

Dsc06004

 臼沢の森を後にするときに、「臼沢の森の紅葉は今週一杯かな」と会話になりました。紅葉が終わりに近づき、冬の到来が近いことを感じました。

Dsc06006

Dsc06007

 昼食後に明日の作業の打ち合わせを行ないました。その後加賀さんは、取水口の確認をしてから苗床の散水をしました。しばらく雨が降っていないので苗木にとっては恵の水です。筆者は、明日の階段修繕で使用するチェーンソーの点検を行ないました。

Dsc06009

Dsc06010

Dsc06012

 本日の作業者は、加賀さんと筆者・済賀でした。加賀さん、お疲れ様でした。

(報告:済賀正文)

2021年11月13日 (土)

暖かい陽ざしの中で、仲間とのうれしい森づくりと収穫祭

 10月24日に開催された「第9回南相馬市鎮魂復興市民植樹祭」は、南相馬市民と準備を担う植林ボランティアのみなさんの協力により3000本の苗木を植えきることができました。鎮魂の願いを込めた植樹祭から20日が過ぎた今日(11/13)は、待ちに待った応援隊スタッフによる第1回目の作業日となりました。

20211113_5

 早めの集合で打ち合わせを行いました。久々の仲間との再会となり、お互いに話も弾み楽しい打ち合わせとなりました。今日の作業は、苗場のポット苗の草取り作業と農園の菊芋と赤トウガラシの収穫・整地を行うことにしました。

Photo

 苗場には赤い実をつけたトベラをはじめ、それぞれの苗木も大きく生長をしています。これまで松林農園代表が愛情をもって育ててくれた菊芋や赤トウガラシの最終収穫を行うため筆者と松林スタッフで行いました。コンテナいっぱいに収穫ができて笑みがこぼれます。農園の土壌はポット苗に使用した残土を活用(培養土等)しました。思いのほか大きな作物ができたことで、松林さんは「来期もこの経験を活かしていきたい」と抱負を述べていました。

20211113

20211113_2

Photo_4

Photo_2

 休憩タイムでは、ホットコーヒーとお菓子をいただきながら植樹祭の感想等を出し合い意見交換を行いました。道中内さんから苗木が足りずブロックごとにまばらなところが見受けられたことや、イベント会場でのセレモニーをはじめ植樹する場合の説明も長すぎる等の意見がありました。コロナ禍で規模を縮小しての開催でもあり、来年の第10回植樹祭に向けて、役員会で気づいた点を整理し実行委員会に要望していきたいと思います。

20211113_3

 苗場の苗木も年々大きく生長しているので市役所と相談・連携し補植作業に力を入れていくことも話し合いました。作業日には意見交換の時間を設け、お互いになんでも話し合える、楽しい森づくりが出来るように進めていこうと気持ちを合わせ、今日の育苗作業は終わりました。

Photo_5

 終了後、松林副代表と山田事務局、東城で、来年1月に市長選挙に立候補を表明している応援隊顧問の桜井勝延事務所に激励訪問し、「脱原発都市宣言」に相応しい街づくりと「いのちを守る森の防潮堤づくり」に向けて支援・応援していくことを伝えました。桜井さんは不在でしたが、生存可能な地球環境を守るために今後も手を取り合い、市民と共に頑張っていくことを誓い散会しました。

20211113_4

 今日の作業スタッフは、渡部代表、松林副代表、山田事務局、岩橋事務局、道中内スタッフ、原田スタッフ、佐藤スタッフ、岩橋(恵)スタッフ、筆者でした。(報告 東城敏男)

森びと検索

最近のトラックバック