2017年8月18日 (金)

スタッフの心を耕す樹徳高校生の感想文に感謝!

 終戦記念日の15日、先月(7/23)に体験植樹をした樹徳高校生全員(21名)の感想文を広井先生が送ってくれました。感想文を読んで、私たちのサポートが未来を生きる若者達の命をつなぐきっかけをつることができたのだ、ということ噛みしめ胸の奥に刻むことができたことを嬉しく思いました。サポートしたスタッフの皆さん、お疲れ様でした。以下、その感想文(一人)を紹介します。

P7237203  「今回、足尾の植樹ボランティアに参加して、普段の生活ではあまり聞くことのできないことや、体験できないことが沢山できたのでとても良い経験になりました。

 最近大雨による被害が沢山ニュースで報道されるのを見て、凄いなと思うけど自分のところは大丈夫だろうと思っていました。しかし、いつどこでなにが起きてもおかしくない。そんなことを常に頭に入れておかないと、もし起きた時に大変なのだと思いました。そしてまずは近所のところから調べていきたいと思いました。

P7237155  今回なぜ植樹をするのか。それは、私たちは森に生かされている。森は友達だということがわかりました。人間にはできないことを森はしてくれていて、人間はそれに助けられているので、森は大切なのだと思いました。その森を守っていく活動に参加できてとても光栄でした。

P7237184

P7237181  実際に自然と触れ合って、植樹ができてよかったです。一本一本丁寧にできました。なかなかできない経験だったのでとても楽しかったです。みんなで植えたので全て大きく元気に成長してくれればいいなと思いました。少しでも環境について、森について貢献できたのではないかなと思います。この経験を活かして、これからも環境について考えて、自然を守っていこうと思いました。本当に良い経験になりました。ありがとうございました。」(2年女子)

 樹徳高校の教諭と生徒の皆さん、大切な友だち(森)が元気になれるようにこれからも声援ください。感想文を書いてくれた皆さんに心から感謝します。(理事 髙橋佳夫)

2017年8月17日 (木)

いにしえの松木の杜を追想して森作業

 8月15日、お盆休みの足尾・松木沢は大粒の雨が降り続き、ジャンダルムも濃い霧に隠れて、山肌の谷筋からは普段は顔を見せない滝が現れて一幅の絵のようでした。

1

2  お盆休みのなかを芳賀町の弘永さんが久し振りに、手伝いに来てくれました。初顔合わせの事務局・福沢君に弘永さんを紹介し、コーヒーを飲みながらの打ち合わせでしたが、いつの間にか「終戦記念日」や戦争と平和の話に発展。

3

4

6  10時30分を過ぎた頃、雨が小降りになってきたので作業開始。上の苗床から中苗床へポット苗を運び込み、テントの中で苗の草取りを行いました。軽トラを有効に使い、52トレイを運び込み、32トレイの草取りを完了させました。初めての弘永さんには、福原スタッフが土づくりや草取り方法を丁寧に伝えていました。

8

9  昼食後は、旧松木村の祖先が祀られている3ケ所の墓石を三人を案内し、いにしえの村を描いていただき、村人の気持ちに合掌しました。

10  帰り道、民集の杜入口(看板脇)のネットが大きく歪んでいるのを発見、内側の草は獣らしきものが寝そべっていた跡が有りました。ネットの歪みや寝そべった跡からすれば恐らく熊だと思います。目撃情報が沢山あり、要注意です。

5

 今年の夏の陽差しはどこへ行ってしまったのでしょう?栃木県では日照時間が平年の30%にも満たない状況で、植物は満足な光合成が出来ません。40年ぶりだという報道もあり、地球温暖化の影響なのかと心配です。一本でも多くの木を植えるなど、出来ることをやり、地球温暖化にブレーキをかける暮らしを拡げていかなければ!と思う森作業でした。

7  本日のボランティアは弘永さん、福沢さん、福原さん、橋倉でした。(報告、橋倉喜一)

2017年8月13日 (日)

お盆を迎え、松木村の墓に花をたむけて平和を祈る

旧のお盆を迎えて、旧松木村にある三か所の祠に花を添えて合掌しました。

鎌田スタッフが家から持ってきたものと、足尾の社宅近くに咲いていた、

野の花を少しいただきました。

P1020177_3

P1020183

P1020186 今日は、雨上がりということもあり、松木川はゴーゴーと音を立てて流れています。

この音が、爆音などに変わる日が来ないように、いつまでも鳥のさえずりや鹿などの

鳴き声で癒される平和な松木でありますように、と松木村のご先祖様にお願いしました。

P1020194

P1020195_2

その後は、先日台風の接近のため中止した臼沢の森の草刈りを、鎌田、加賀の2名で行

いました。

Dsc_0481_3

Dsc_0473_2

Dsc_0475 現場では、ご覧のように小さな苗木は草に埋もれていましたが、しっかりと生きています。

神経を尖らせながら慎重に草を刈っていきましたが、何度も苗を切りそうになり、鎌での丁寧な草刈りにすべきと考え直し、草刈り機での除草は断念しました。本日の、作業者は鎌田孝男スタッフ、加賀春吾スタッフでした。(報告 加賀春吾)

2017年8月12日 (土)

森の中は宝の山、森と生きる暮らしの知恵が文化も創造する?!

朝、窓から森を眺めていると熊かイノシシのいずれかが土をほじくりかえしていた。P8127240_640x480P8127236_640x480  昼前はキイロスズメバチに注意して草刈り、午後は『森びと通信』の編集。印刷会社社員が夏休み後に出社するまでが勝負。9月1日に発送予定だ。

P8108403_640x480  足尾の森びとは今月が休養月、といっても森作業は週に一日行い、土日祭日は舎人が「みちくさ」で当番している。身体の休養日とはいえ、事務局とスタッフは、仕事の合間に「スタッフ会議」、「事務局会議」を行い、森とも精神を鍛えつつ、事業の執行に余念がない。

640x479  何せ、相手が手ごわい、人間が支配できない自然だから。計り知れない自然の力が相手だから、自然に寄り添っていかなくてはならない。自然と向き合っていくと、その過程では森の生きものたちは色々な事を教えてくれる。それが知恵となって森と生きる“心構え”や文化が創り出される。それはバーチャルな世界では絶対につかみきれない人間の財産である。

P8058302_640x480

640x479_4  そのひとつが“五感”ではないか。森の中で鳥の声や虫が飛ぶ音や鳴き声を聴いていると、気温の変化で声や音が違うことに気が付く。勿論、土が掘り返されている現場を見ると、緊張感を感じてどんことに注意しなければならないのか、と考えさせられる。

P8108408_640x531

640x480  来週の土日(19日~20日)は、「心の森探訪in布沢集落」である。只見町布沢集落のブナの森を散策しようと計画したが、先月、少人数の高齢集落に大雨が襲い、田やあぜ道、生活道路などが被害にあった。予定を変更して、初日を流出した土砂などの片づけを手伝うことにした。少しばかりの手伝いから集落民の森に寄り添う暮らしの知恵をつかんできたい。

640x479_5  土砂などの片づけを手伝ってくれる方は森びとフォームページで申し込んでください。

(理事 髙橋佳夫)

2017年8月 7日 (月)

すべての生物がこれからも安心して生きるために・・・

昨日(6日)、東京事務所スタッフ会議を開催しました。足尾、南相馬、千葉で活動する強者(スタッフ)、東京事務所スタッフ、そして事務局総勢30名は、2019年以降の森づくりの進路について話し合いました。

Img_5328

Img_5329  たった13年間の森づくりですが、地球の気候変動は13年前と比べると激変しています。従来の延長線上の暮らしではこの激変している気候と向き合えません。それは勿論、私たちの運動が現状維持では13年間の成果を退歩させます。では私たちはどうするのかと、「ヒト・モノ・カネ」をおいて設立15年以降の進路を考えてみました。なぜならすべての生命存続の危機に直面しているからであり、それは「待ったなし!」だからです。

 結論はでませんが、これまで森づくりで培った知識と経験を基礎に、情熱と志を熱くもって年齢に合った森づくりを進めていくことが誓い合えたようです。

Img_5335 スタッフ会議後は暑気払いを行いました。当会で古希を迎えた、松井理事・小井土スタッフを激励とお祝いをしました。ぜひ体には留意していただき強者の良き知恵と技を教えてください。

Img_5339

 また60歳を迎え会社を退職し、森づくり活動に専念される岩橋さん、武田さんの激励も行いました。お二人は現役時代は、仕事以外の時間を森づくり活動に費やしてくれました。会議出席者は、二人を支えてくれた奥様に、ささやかなプレゼントを差し上げました。両スタッフの皆さん、足尾、南相馬での今後の森びと運動に期待します。(報告 水落一郎)

森びと検索

最近のトラックバック