2019年6月19日 (水)

「温暖化にブレーキをかける要望書」に賛同する国会議員の有難いコメント

Photo  昨日(18日)は、足尾・松木沢の急斜面の草地を耕し、土が流れない土留め柵を造った所に580本の幼木(イオン環境財団助成金で購入)を植えました。この幼木たちの機体に応えるように、東京事務所には地球温暖化にブレーキをかける国会議員から賛同の声が届いています。

Photo_2  14日の午後から昨日にかけて「地球温暖化にブレーキをかける要望書」に賛同のご意見が5件届きました。また、立憲民主党本部事務局からもアドバイスが届きました。

Photo_3         みちくさ庭に心が和む花が

 要望書に賛同してくれました方々は、立憲民主党・参議院議員の杉尾秀哉さん、無所属・衆議院議員の階猛さん。要望書に「どちらでもない」とご意見を寄せてくれた方は、立憲民主党・衆議院議員の道下大樹さん、立憲民主党・衆議院議員の長尾秀樹さん、立憲民主党・衆議院議員の岡島一正さんは「選択肢に該当ない」としてご意見を寄せていただきました。

Photo_4       ブラックベリーの花(みちくさ庭)

 道下大樹さんからは、「森林減少の大きな原因のひとつである農地転用問題は、確かに課題であるが、国内と国外で事情が大きく変わるため、一律に自然林伐採を禁止するのは偏りすぎているのではないかと考える」、長尾秀樹さんからは、「森林が豊かな国土は日本の財産であり、森林の農地転用は森林減少を招くことからも課題である。日本の国土の特性に沿った丁寧な政策をしていく必要があると考える」とコメントしてくれました。

Photo_5  岡島一正さんからは、「地球温暖化が環境問題における最重要課題の一つであると認識しており、その他の指摘される環境にかかわる諸問題と共に果敢に対策に取り組むべき必要性を感じている。温室効果ガス削減目標は、現実的でありながら挑戦的な目標が必要であり、社会全体での合意形成と共に必要な技術革新に向けての取組みに果敢に挑戦していくことで、より挑戦的な目標をクリアしていく必要がある。地球温暖化への取り組みを果敢に取組むべきとの貴委員会ご主張の趣旨には賛同しており、具体策、政策的方向性についても、さまざまな場でさらに議論を深めていく必要性を感じている。地球温暖化は世界規模で取組むべき重要課題の一つであると同時に、わが国にとってはさまざまな形で世界に協力できる分野であると認識している。技術面はもちろん、リサイクルのシステムや、日本特有の豊かな森林環境を活かした環境政策など多面的な政策面でもアプローチを積極的に進める必要性を強く感じている」とのご意見をいただきました。

Photo_6    久しぶりに遭ったキツネの雌親(子狐は逃げてしまった)

 立憲民主党本部事務局からは、日本の温室効果ガス排出削減目標に関して「日本政府の80%目標ですら達成が見通せていない状況なので、さらに目標を高めるよりは実現するための具体的に対策を実行していくべき、というのが主な気候変動関係団体の論調である。ざっくりいえば、「思う」(賛同)でもよいが、気候変動関係団体からは気候変動問題をわかっていないようにととられるリスクもあるので、無回答がよいと思われる」、参考として、「一律に自然林伐採の禁止とするのは偏りすぎている。森林減少の大きな原因のひとつである農地転用問題は確かに問題であるが、国内と国外で事情が大きく変わるため、丁寧な政策提案が必要である・・・など」というご意見を頂戴しました。

Photo_7        昨日(18日)のミーティング

 国会議員、立憲民主党本部事務局の皆さん、賛同のご意見とアドバイスをありがとうございました。(報告 髙橋佳夫)

 

2019年6月18日 (火)

作業集中日、「臼沢の森」に15種・580本を植樹しました。

 今日は、月に1度の足尾作業・集中日です。作業は、「臼沢西の森」への植樹です。この日のために、今年に入ってから、獣害対策の囲い作り、土留め作り、がれ場の石片付け、黒土の運搬、マルチング用杉皮運搬等々の準備をしてきました。

 今日の天気は、雲が多く気温も9時現在18℃と植樹をするには、丁度良い日でした。天気予報によると、夜には雨が降るとのことで、天が私たちに味方をしているような絶好の植樹日和であります。

Cimg9158

全員が揃い、早速打ち合わせを行いました。一人50本数本を植えます。午前中には終わると見込み、午後は7月21日に開催される、「育樹祭」の打ち合わせ・意思一致を行うこととし作業を開始しました。

 まず、16日に用意をした520本の苗木を軽トラック2台に積み込み、「臼沢西の森」まで運びます。

Cimg9164

Cimg9165

Cimg9170

苗木とスコップ・支柱の篠竹を運び入れ、次々と植樹をしていきました。今日のスタッフは植樹は手慣れたもので、あっという間に520本を植え、黒土が入っている場所が少し余っていまい、急遽、苗床にあるミズナラ、オオヤマザクラ、ハクウンボク3種60本を追加し、合計15種、580本を植えることができました。

P6181359_3

 

Cimg9178

Cimg9180  木を植え、杉皮や周りの草を切りマルチングを行い、背の高い木には篠竹の支柱を付けました。

Cimg9181

Cimg9186

P6181386

  植樹は無事、怪我もなく、準備した苗木を全部植えることができて、みんな満足の笑顔でした。お疲れさまでした。

P6181403_2

 本日作業をしてくださったのは、高橋、鎌田、松井、松村宗、橋倉、松村健、大野、小川、福原、済賀、坂口、清水、福澤、国分、加賀(筆者)でした。(敬称略)

 

2019年6月16日 (日)

臼沢西の森の植樹用苗木を選別しました。

 今日(16日)は、18日に行う「臼沢西の森」植樹用の苗木が納品されました。朝9時、納品トラックと待ち合わせ、早めに来ることがあるので8時過ぎに行ってみると、既にトラックは到着していました。トラックを松木沢に案内し、「森びと広場」に降ろしました。

 途中の久藏川は雨のため両岸まで水がありました。一昨日もこの道を車で走っていたら、久しぶりにキツネと遭遇しました。何やら口にくわえています。鳥のよう見えますが、もしかしたらいつも鳴いているキジかもしれません。

Cimg9120

Cimg9137_2  8時50分の気温は18℃、雨は上がっていますが、時折ポツポツと降ってきました。樹種と本数を数え注文票と照らし合わせたところ、間違いはありませんでした。続いて、18日に植える苗木をトレイに並べていきました。ネットから苗木を出すのに、鎌田さんは脇をカッターで裂いていましたが、私は南相馬での経験から底を切り、上からネットを服を脱がすように持ち上げると簡単にできることを鎌田さんに伝授しました。いつも教えられてばかりですが、初めて鎌田さんに教えたかもしれません。

Cimg9140

Cimg9141

Cimg9143  納品された苗木はシラカンバ、ブナ、ヤマモミジ、ヤマザクラなど12種、1450本です。今回の植樹は、植樹地が急斜面で、かつ落石の危険が大きいことから、納品されたすべては植えられません。本番に植える苗木を12種、520本を選別して用意しました。

 その後は、保管しておく苗木を水に漬け、てたっぷりと水を含ませました。「民衆の杜」に掘った穴に土をかけて保管しました。

Cimg9144

Cimg9145

Cimg9151

Cimg9153

Cimg9154  保管用の穴は5日に橋倉さんと筆者で掘りましたが、大きさは測ったようにぴったりサイズでした。「臼沢西の森」が、10年後には隣の「臼沢の森」のようになるように祈りながら、今日の作業を終了しました。今日のスタッフは、鎌田、小川そして筆者(加賀)でした。

2019年6月15日 (土)

昨日も届いた「温暖化にブレーキをかける要望書」に賛同する声!

 「地球温暖化にフヘレーキをかける要望書」に賛同するコメントが昨日も事務所に届きました。ファックスを送ってくれたのは、衆議院議員・自由民主党の務台俊介さん、立憲民主党の山崎 誠さん、国民民主党の篠原 孝さん、立憲民主党の長谷川嘉一さんでした。要望書の賛同には「どちらでもない」と衆議院議員・自由民主党の神山佐市さんからもファックスが届きました。

Photo             エゴノキの実

 務台俊介さんからは、「特に、自然体験教育に賛同。それを支持する議員立法も用意しています」。山崎誠さんからは、「地球温暖化、気候変動の抑制のために、ライフスタイルを含めた我々の生き方の見直しが必要と考えます。自然とともに生きる人間のあるべき姿をとりもどすために、森づくりへの多くの国民の皆さんの参画は大いに意義のあることと考えます」。篠原 孝さんからは、「生き方を改めるべき。そうでないと温暖化は防止できず」というコメントがありました。

Photo_2  また、認定NPO法人 WE21ジャパンからは、「昨日のWE21ジャパン理事会において、要望者に関する賛同の承認を得られましたのでご報告いたします」と、園田久美子さまからメールが届きました。

Photo_3  国会議員の皆様、NPO法人の皆様、ありがとうございました。9月開催予定の国連「気候サミット」へは皆様との連携を強め、“地球温暖化にブレーキをかける要望”が国連に反映できれば幸いです。(報告・高橋佳夫)

2019年6月13日 (木)

「温暖化にブレーキをかける要望書」に賛同する声が国会議員、NPOから届いています!

Photo  11日に「地球温暖化にブレーキをかける要望書」を政府機関へ提出し、国会議員の皆さんにもその支援をお願いしました。昨日と本日、東京事務所には、衆議院議員・立憲民主党の西村智奈美さん、生方幸夫さん、自由民主党・中村裕之さん、国民民主党・白石洋一さん、参議院議員・立憲民主党の鉢呂吉雄さんから要望書賛同のファックスが送られてきました。

Photo_2  白石洋一さんからは、「ゆでガエルのように本気になっても 温暖化防止が不可能になる前に 危機意識を共有し、皆で有効な手段を打つべき」とのコメントもいただきました。

Photo_3  鉢呂吉雄さんからは、「今通常国会で国有林野管理経営法案が成立しましたが、最長50年にわたる樹木採取権を大企業・外国資本に独占的に与えるもので、大規模な皆伐により国有林野の国土保全、水源涵養、生物多様性、地球温暖化といった多面的、公益的価格を損い、山林の荒廃の恐れあり、再植林治山事業が義務づけされないことで地球温暖化に逆行するものです」とのコメントをいただきました。

Dsc_0021  また、認定NPO法人「アジアの新しい風」の奥山さんからは要望書の賛同と、「子孫に負の遺産はいらない。森林政策は自然林保護と資源としての木材の有効活用を並行して行うべき」というコメントが寄せられました。ありがとうございました。

Photo_4  皆様の賛同の声を糧に、”万人の共有地、自然資本でもある命の源を、誰であろうと他者の犠牲の上に地球を破壊することは許されない”、ことを訴え続けていきます。(報告 髙橋佳夫)

森びと検索

最近のトラックバック