2017年12月15日 (金)

穏やかな快晴の日、生き物たちの息づかいが聴こえそうな臼沢の森

 朝、8時半の森びと広場の気温は-2℃。風が無かったので昨日の寒さほどではなかった。雲ひとつない青空に臼沢の森は昨日の雪がすっかり融け、葉を落とした樹木たちは日向ぼっこをしている感じであった。

1 足尾グランドキャニオンは岩肌が凍りついて痛々しく感じた。

2  スタッフ達が到着するまではホットコーヒーで身体を温めながら、今年一年の出来事や新年からの森作業の話をした。9時45分、福原スタッフと小林事務局長が到着。昼飯までの作業打合せを簡単に行い、いざ臼沢の森へ出発。

4  カサ、カサと落ち葉を踏みつける音に気持ちを和ませ、600段の階段をゆっくり登った。

5

Photo

3  今日は、階段に動物の糞がしてあった。木の実を食べたのか、糞は実の皮と種が混じっていた。毎日階段を登っていると、森に棲む色々な生きものたちの息づかいが聴こえてくるようだ。

Photo_2

Photo_3

2_2

3_2

Photo_4  無風で快晴下での作業はスムースに進み、ネット補強が初めての小林事務局長も直にできるようになり、12時半までに東側の全長を補強することができた。

Photo_5

Photo_6  昼食後、仁平スタッフは家に向かい、残った3名はBコンテナの整頓作業を行った。午後1時40分には中倉山に太陽が隠れてしまう森びと広場。薄暗くなってので、本日の作業は終了。本日のボランティアは福原、小林、仁平、そして筆者でした。(報告 髙橋佳夫)

 

2017年12月14日 (木)

心を洗ってくれる雪に感謝して森作業

 朝、余りにも静かなのでカーテンを開けると外は真っ白。長屋の屋根や路地には3㌢程の雪が積もっていた。早速、今日の森作業の判断、スタッフの鎌田さんには安全第一を確保するために作業をキャンセルしてもらい、二人は現場に向かった。

Photo

Photo_2  午前中は風があり、冷気に刺されながらの森作業。臼沢の森の階段に積もった雪を踏みしめて、ゆっくりと登った。

Photo_3

Photo_4  途中、動物の足あとがあり、ひづめの跡ではなく5本の指跡が見えたので鹿やイノシシでなく、キツネにしては大きい足跡だったので特定はできなかった。

Photo_5  2008年に植林した所から森びと広場を見下ろした。風は冷たいが階段を登っているのでその風は気持ちが良かった。岸井さんの理事長復帰を願った。そして雪と戦っている新潟の竹内さんにも檄を送った。

Photo_6

Photo_7  20分程で標高約1千㍍地点に着き、早速、昨日に続いて再利用の金網でネットの補強。二重になっている金網をほぐし、傾斜30度はある雪の斜面に足尾掛けてネットに金網を張りつけた。

Photo_8

2  水分を飲みながら中倉山の周囲を眺めると、青空に吹雪が舞っている雄大な中倉山が美しく、心の中が一瞬空っぽになった。12時半に作業終了。

Photo_9

Photo_10  昼食後は年末のコンテナ整頓、田城さんから頂いたスチール棚を備え付けると乱雑していたコンテナがすっきりした。

Photo_11

Photo_12  16時半、雄鹿が鳴き出したので長屋に戻った。午後は風が止んだので作業がスムースだった。(報告 高橋佳夫)

2017年12月13日 (水)

標高約1千㍍の草地に植えてくれた苗木を食害から守る!

 今日の朝は冷えた。4時頃には、布団に入っていても顔が冷たいのでマスクをつけるほど。8時半頃に森びと広場に着き、温度計を見ると気温は-5℃でした。

Photo

Photo_2

Photo_3  風はなかったので中倉山や臼沢の森は冷気に包まれてシャキッとしている感じがした。

Photo_4  中倉山北斜面では鹿の親子が朝陽を浴びながら枯草を食べていた。

Photo_5  今日の森作業はハウス内の苗に撒水、昨日に続く臼沢の森上部の獣害防止ネット補強、同時に、赤外線センサーカメラを設置した獣害調査の準備を行った。いざ出発となると足尾グランドキャニオン方面から雪が飛んできた。

Photo_6

2  補強用の金網とカメラ設置用の杭とハンマー等を担いで600段の階段を登り、枯草が滑って不安定な足元に木尾付けて昼過ぎまで作業をした。

Photo_7

Photo_8

Photo_9  現場では、金網の再利用のために針金をカットして、ネットの下部を金網で補強した。

Photo_10

Photo_11

Photo_12  センサーカメラは、岩の多い斜面に杭を打ち付け、強風で杭が倒れない補強を施してカメラを設置した。

Photo_13  昼食後、松井理事、大野理事が森びと広場に到着、古河機械金属㈱足尾事業所との意見交換の打合せを行った。その後は、コンテナの年末清掃を行い、田城さんから頂いたスチール製家具でコンテナ内の整頓を始めた。3時過ぎると薄暗くなるので、本日の作業は終了した。本日のボランティアは松村健さん、福原辰夫さん、済賀正文さん、仁平範義さん、そして筆者でした。(報告 高橋佳夫)

2017年12月12日 (火)

今年最後の森作業集中日、冷たい風を身体に受けて獣害対策

 日光と足尾の境にある日足トンネル近くに来ると道路の両端が凍っていた足尾町。森びと広場に到着すると、広場は薄っすらと雪が積もっていた。中倉山の頂上を眺めると陽が当たらない場所は残雪で白くなっていた。

1

2  強い風が冷たい空気を運び、その風が耳や頬に当たると凍りつくような今日の森作業。作業はふたつのグループに分かれ、1グループは臼沢の森の柵補強、2グループは松木の杜内のシラカンバの幼木に幹ガード設置した。

7

4

3  臼沢の森は二重に柵とネットを設置したのですが内側のネットが食いちぎられている箇所が多く、金網を背負って600段もの階段を登り、今年植えた幼木が獣に食べられないようにした。

5

6  松木の杜では、先月植えたシラカンバが幼木なので獣にとっては美味しいらしく頭部が食べられてしまった。細い幹も食べられては枯れてしまう恐れがあるので、今日は全ての幼木を幹ガードで囲った。石が多い所なので手間どったが、80本の全ての幼木をガードした。

8

9  今年の森作業集中日は今日が最後なので、冷えた身体を温めるためにもうどんと蕎麦を茹で、福原スタッフが揚げた天ぷらを麺にのせて温かい汁で食べた。足尾町の塚原さんからは赤飯を頂き、松村スタッフからは野菜を頂いたので汁は野菜たっぷりにした。

12

13  午後の作業をした後、3時過ぎには甘酒で身体を温め、一年間を締めくくった。(報告 高橋佳夫)

2017年12月11日 (月)

日に日に近づく冬の足音

 

Pc110005 9時50分、今日の足尾は気温8℃そして雲ひとつない青空が迎えてくれました。ダムゲートから森びと作業小屋までの景色をひとりじめ気分最高!でした。

Pc110006

Pc110007 今日は、福田スタッフと筆者での森作業です。来年の育樹・育苗作業の前段作業で防草シートを張り雑草の生育を遮断するシート張り作業で、何とか作業は終了しました。来年は、防草シートを敷いた場所に幼木20本入りのトレーを敷き詰め森びと全員での育苗作業を行います。二人の作業も、雑草の伸びを経験していますので丁寧な作業となりました。

Pc110010                                                                        報告者 仁平スタッフ

 

森びと検索

最近のトラックバック