2019年10月16日 (水)

森の機能を発揮する“松木の杜”たち

台風19号が巨大な勢力を保ちながら12日に本州に上陸し13日にかけて東日本を縦断しました。年間降水量の3割から4割が1日~2日で降り、その結果、37河川で52か所の堤防が決壊し多くの被害を発生させました。(14日夜NHKニュース)

Img_8534204691219

足尾・松木沢、久藏沢、仁田元沢を源流(足尾ダムに源流の碑)とする渡良瀬川の支流では秋山川、巴波川、思川(思川の支流の黒川を含む)が氾濫し大きな被害を出しました。

Pa143735

Pa063446

足尾の植樹地が心配となり、台風一過となった昨日14日、鎌田スタッフと調査に入りました。久藏沢にかかる橋と松木川にかかる橋は、橋のすぐ下まで土砂が上がり、橋が流される一歩手前の状況でした。
岩肌の多い足尾の山々には沢沿いに砂防ダムがつくられ、落石の力を弱めています。三川が合流する足尾ダムが最後の要となるのでしょう。足尾ダムがなかったら下流域に一気に土砂が流れ込み被害を拡大させてしまうのではないかと考えると、森の再生は急務だと思いました。

Pa143749

北斜面が草地の「民集の杜」では、落石と堰堤からの水流により金網とポールが曲がり早急な補修を計画しなければならない状況でした。金網の点検をしていると立派な角の雄鹿が鳴き声を上げ、群れに警戒を伝えていました。

Pa143896

Pa143855

Pa143829

急斜面の「臼沢の森」は豪雨で表土が流されているのではないかと心配し確認に向かうと、臼沢の森の入口の第二ゲートに土砂の流出した様子はなく、ひとまず安心しました。
木の階段が崩れていないかと森の中に入ると、木々の葉っぱが降雨を受け止め表土に落とし根が吸収しているようで、表土が崩れた様子は見受けられませんでした。また、細い幹の木が根元で落石をガッチリと受け止めていました。

Pa143953

Pa143942

Pa143945

松木の杜、新松木の杜も土砂の流出はありません。生長過程の落葉広葉樹の森は、小さいながらも降水をためる「森のダム」の役割を果たしているようです。

Pa143924

年々、台風が巨大化しているように感じますが、台風19号(ハギビス)は米航空宇宙局(NASA)と海洋大気庁が連携し気象観測衛星「スオミNPP」によって宇宙からとらえられていました。日本に上陸する前の渦状の雲の幅は南北で2000キロ以上に及び米国内では「スーパー・タイフーン」と紹介されていました。

Img_854820468

川の氾濫に備えることなど防災対策は行政の役割として当然ですが、気候変動の根本問題である温暖化ガス(CO²)排出削減は各国政府の責任において取り組まなければなりません。9月23日に米国ニューヨークで「国連気候行動サミット」が開催され、国連のグテレス事務総長は、77カ国が2050年までに温室効果ガス排出を実質ゼロとする目標を公表したと明らかにしました。残念なことに日本政府による石炭火力への依存姿勢が国際的な批判を浴びています。長期戦略では50年までの温室効果ガス削減目標を80%減、排出実質ゼロの「脱炭素社会」実現時期は「今世紀後半のできるだけ早期」とするにとどまっています。

Pa143846

国連「気候行動サミット」で、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんは『人々は困窮し、死に瀕している。全ての生態系が崩壊し始め、私たちは大規模な絶滅を前にしています。それなのにあなたたちは、お金と永続的な経済成長という「おとぎ話」ばかりを語っている。』と怒りの訴えをしました。

Pa144017

Pa144049


生物社会の一員でしかない人間は森に寄生してしか生きられない存在であることを「巨大化する台風」は気づかせてくれます。台風15号、そして今回の19号によって被災した人々の苦しみに目を向け、CO²の吸収源である森をつくり、海を元気にしていかなければなりません。
(事務局 清水 卓)

2019年10月14日 (月)

地球温暖化防止は“待ったなし!”

 本日、清水理事とスタッフの鎌田夫妻は台風19号の被害調査に足尾・松木沢に入ってくれました。

 足尾ダムゲートから森びと広場までの途中には日光中禅寺湖方面から流れている久蔵川の橋があります。その様子は上の写真の通りです。相当な土砂が流されてきたことが分かります。いつもなら川面は1㍍下ですから土砂の量には驚きです。

Photo

2  そこから2~3分の所の道には土砂が堆積していたので車をそこに止め、歩いて森びと広場に向かいました。

Photo_2  「民集の杜」北側の草地からは土砂が流れ、大きな岩が柵に当たっていました。柵は壊れ、柵を支えている金属製のポールが折れていました。同様の箇所は2カ所ありました。

Photo_3

2_2  みちくさの入り口付近には土が流れ込み、茶色い土が堆積していました。

Photo_4

Photo_5

Photo_6  苗の撒水に使う取水口は写真上のように傾き、ホースは外れ、風呂桶には土砂が溜まり、ベトベトになっていました。松木渓谷へ向かう道にも土砂や大きい石ころが流されていました。(現地報告・鎌田夫妻、清水 卓)

 被害はこの程度で済みましたが、関東から東北にかけては20河川の24カ所で氾濫、決壊(14日付け)が起こりました。被災した皆様にお見舞い申し上げ、犠牲となった方々には謹んで哀悼の意を表します。

Photo_7  来年は「パリ協定」の実行年。締約した国や私たちは“何をなすべきか”、と言っている場合ではないようだ。大人たちは、グレタ・トゥーンペリさんの呼びかけに(国連「気候行動サミット」での演説)へアクションだ。週末は柵の補強、土砂の片づけそして木々を元気にする森作業だ。そして、安倍政権へ、“野心的な地球温暖化防止策”を、再度、要請していかなくてはならない。(理事 髙橋佳夫)

 

2019年10月10日 (木)

秋の透きとおった青空の下で猛烈な台風19号に備え!

Photo  猛烈な台風の進路が気になり、今日は朝早くから森びと広場の物が強風で飛ばされないようにチェックをしました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4  現場に着いたのは8時前でしたので、広場ではセキレイがミミズを探していました。また、広場の柿の実は美味しそうな色を輝かせていました。渋柿なので熟すころには鳥や蜂に喜ばれるでしょう。「もちくさ庭園」ではマムシグサの種が熟し始めました。ここにも蜂等の虫が集まってくることでしょう。人間には毒ですので注意です。

A

B_1  コンテナの片づけも大部分が終わりました。年内には、ハウスとコンテナ内の整理整頓を行い、早いかもしれませんが新年を迎える予定です。

B_2

Photo_5

Photo_6  今日の朝は冷えましたので、「臼沢の森」東側に植えられている落葉広葉樹が色づき始めました。朝陽に照らされて黄金色に見えました。これから「臼沢の森」の紅葉が楽しみですが、明後日頃からの台風に飛ばされないかと心配です。ヘリが中禅寺湖方面に向かっていましたので、二人は「奥日光の紅葉でも撮影か」と思いました。

Photo_7  午後は日光市内まで出向き、稲葉理事と12月の理事会の議案に関して話し合いをしました。その後、足尾・松木沢に戻り、最後の台風対策をチェックし、台風が通過した後のチェックを鎌田スタッフにお願いしました。今日の作業は仁平、高橋でした。(報告 高橋佳夫)

2019年10月 9日 (水)

足尾・松木沢の秋の空に感謝して森作業

Pa097696

Photo_2

Pa097702  東京から日光駅へ向かう車窓を眺めながら想い描く足尾松木沢の青空。10時過ぎに足尾ダムから松木沢に着くと、描いた通りの青空でした。その写真が上です。

Photo_3  先に足尾入りしていたスタッフは昨年植えた「民集の杜」で草取りをしていました。三人の気分は上の写真の通りでした。

Photo_4  午前中はしつこいツル草を苗木から取り除き、筆者はコンテナ内の棚を整えました。

Pa097733

Pa097729  午後の作業は昨日の続き、「松木の杜」内の壬生北小学校児童が植えた苗木が鹿に食べられない様に柵を設置しました。

Pa097717

Pa097736  森作業二日目の山本さんの柵設置は手馴れたものでした。しかし、昨日は久し振りに600段もの階段を上り下りして草刈りをしたので、山本さんは「久しぶりに足の筋肉が凝っている」と言っていました。三人とも柵設置作業は手馴れていましたので、作業は15時頃に終わりました。

Photo_5

Photo_6  モズも秋の爽やかな風を満喫しているようでした。台風19号の進路を気にしながら帰路に着きました。本日の作業は、福原、山本、仁平そして筆者でした。(報告 高橋佳夫)

2019年10月 8日 (火)

心地よい筋肉痛を感じながら、充実した森作業を行う

 本日9時の足尾は、昨夜からの雨も止み、絶好の作業日和でした。

20191008_095105

20191008_094129_2

20191008_092254 全員が集合後、コーヒーを飲みながら、責任者の鎌田スタッフより、「今日は東京から精鋭たちが来ました」と、激励を受けるなか、午前中は臼沢の森の草刈りと苗床にあるポット苗の草取りの2手に分かれて作業を行うと、説明を受けました。

20191008_093409 第4期インストラクターの山本勉さんは、8年ぶりに袖を通したつなぎを身に纏って、作業を前に張り切っておられました。
20191008_132311

 臼沢の森の草刈りに行く際には、森のトンネルを通りながら、自然相手に人間の都合にあわせてはいけないことを実感し、生長を喜びながら歩を進めていきました。

Dscn6466

Dscn6469 現場に到着すると、膝や腰まで生えている下草刈りに苦労しました。

Dscn6470

Dscn6471

Dscn6475 苗床では、ポット苗の草取りを行いました。ミミズが元気よく動いていましたので、良い土を作ってくれるでしょうか。

20191008_103940

20191008_122653_2

 午後は全員で、松木の森に植樹をした壬生北小学校の場所の食害防止柵設置を行いました。

20191008_145040 20191008_134832

20191008_135408

20191008_135432

20191008_142113

20191008_144910

 少しずつ葉が色づき始めてきました。
20191008_144118

20191008_144341

20191008_144248

20191008_144424

 本日の作業者は、鎌田・橋倉・小川・仁平・済賀・小西・山本と筆者でした。 (報告:小林敬)

森びと検索

最近のトラックバック