2017年9月23日 (土)

JR東労組横浜の皆さんが育てた元気な苗木が南相馬市に届きました

 第5回南相馬市鎮魂復興植樹祭(10月14日)もあとひと月余りとなりました。予定では2万本以上の苗木が森の防潮堤の主役として植えられます。

Img_0790 JREU横浜・助川書記長から応援隊・渡部代表へ苗木が届けられた

Img_0789

Img_0796  昨日(9/22)は、神奈川県内のJR東日本で働く組合員が仕事の合間に育てた苗木を南相馬市に届けてくれました。届けてくれたのはJR東労組横浜の皆さん。苗木6種・2.798本は横浜から6時間かけて2台のトラックで運ばれてきました。

Img_0791  応援隊は南相馬市で皆さんと合流し、市内の雫浄化センター育苗場に向かいました。届けられは苗木は、組合員とその家族、組合OB、森びとファンクラブが手塩にかけて、3年間丁寧に育てられたそうです。届けられは苗木は、シラカシ、タブノキ、スダジイ、アラカシ、ウラジオカシ、ウバメカシの元気な幼木でした。

Img_0793

Img_0794  この幼木たちはこれから南相馬市の自然環境に慣れ、この大地に根づくように育てていきたいと願い、私たちは運ばれた幼木をネットからトレイに移し替えました。そして南相馬市の水をかけてやりました。

Img_0795  大船から参加した若者は、「昨年同様、両親に植樹祭の参加を呼びかけ、来月も参加します」と笑顔で話してくれました。JR東労組横浜のみなさん、元気な苗木を届けていただきありがとうございました。後の育苗は応援隊にお任せください。お疲れさまでした。来月の植樹祭でお会いできることを楽しみにしています。昨日の応援隊スタッフは、渡部、松林、東城でした。(報告 東城敏男)

2017年9月21日 (木)

森づくりは大地を耕し、心も耕す出会いの場

 昨日は台風18号が運んだ温かい空気に寒気がぶつかって秋田県や北海道では強風と雨で暮らしに被害がでました。お見舞い申し上げます。

1  足尾の天気は曇天でした。昨日の作業は越冬準備をしました。「うんしゅう亭」の軒から流れる雨によって軒下に溝ができないように、昨年暮れに伐った竹の枝で雨粒の衝撃を和らげる対策をしました。

P9208568

P9208571

P9208582  この地は間もなく西北の風と北風が吹き荒れます。来月と11月には体験植樹に来るアジアの学生たち、「秋の感謝デー」に来る植林ボランティア皆さんがこの地に集い、交流を深めます。「うんしゅう亭」はその会場、会場を吹き抜ける冷たい風を防ごうとビニールシートを張ることにしました。そのひとつの案を試してみました。

P9208588

P9208592  昼食後の休憩では、森作業を手伝ってくれはじめた大手建築会社の役員をしていた福田さん、定年後のアルバイトをしながら休みに森作業をしているスタッフの福原さんたちと会話。話では、近所に住む方々との“挨拶”の大切さ、旅に出た時などの“ひと言”の有難さなどを噛みしめました。

P9208595  また、役員時代に培ったことの話として、“部下たちやその家族を思いやることは理屈ではなく具体的な気配りや心配りから始まる”ことの大切さはどこでも同じだね、という話をしました。

P9208597  昨日のボランティアは仁平、福原、福田(修)、髙橋でした。(報告 髙橋佳夫)

2017年9月20日 (水)

足尾・深沢の森を探索・巨木のカツラとヤマグルマに感動!

ツクツクボウシが鳴く足尾の初秋、天高く青空が見える朝、昨日(19日)は足尾・深沢の探索をした。「どくだみ荘」駐車場に9時集合、即、車に乗り合わせて深沢入口約10分。

1

2  車高の低い車では底を傷つけるほどの悪路を進み、台風18号が降らせた雨で水量が多くなった深沢を渡る。流木などで足場を安定させて、対岸の道へ。

3

4  深沢の脇道は日光・半月峠まで続き、昔、足尾と日光男体山を結んでいた生活道路。探索の目的は、この沢も煙害に遭った以降、どんな森に変わりつつあるのかを観察する「生態観察チーム」が現地入りする前の下見、また、足尾の森で唯一生きている常緑樹・ヤマグルマの生息地確認であった。

5

7  爽やかな秋風に清々しさを感じ、気持ちを静めてくれる沢水の流れの中を10分程歩くと深沢ダム5号に到着。道は緩やかな登りだが、登山という感じの登りではない。

9

10  30分程歩くと道の両側は石が並べてある生活道路となった。左手には杉の経済林となり、熊剥ぎ防止がされていた。

11

 

Img_20170920_085440

 そこを過ぎると森には杉が無くなり、ミズナラ、リョウブ、カツラ、イヌシデ、ヤマザクラ、ホウノキ、ヤマハンノキ等の高木、中木ではチドリノキが目立つようになった。

13  目と心に優しい森を60分程歩くと、左手に檜の経済林が現れる。ここまで来ると巨木のカツラは近い。

Img_20170920_085311

Img_20170920_085105

16

17  10分程で直径610㌢、樹高は目視で20m、太い幹を20本程の細い幹が支えている巨木のカツラに到着。ここには神社跡がある。私たちは幹に触れ、てっぺんを眺めてため息が出た。

18

Img_20170920_085352
 さらに緩い登りの道を歩くこと10分程、滝の音がする。この滝を私たちは「アカマツの滝」と呼んでいる。滝の右上には、樹皮が綺麗な赤松が生えているのでそのように呼んでいる。この手前の崖斜面にヤマグルマが数本生えている。

20170919  滝つぼに降り、ヤマグルマが生えている場所を確認、実を付けていることも確認できた。煙害などで森が痛めつけられてきた足尾の森で生き続けているヤマグルマを、私たちは松木村跡地にも生きてほしいと願っている。19日、そのヤマグルマがしっかり実を付けて、命をつないでいる様子を見ることができて嬉しかった。

20

21  石を座布団にして生長しているカエデの仲間、その後を追って石にへばりついている幼木のカエデを見ながら、昼食を食べて下山した。

Photo  途中、地面にはドングリが沢山落ちていたので、熊や鹿、リスやネズミたちもこれでひと安心だね!と思いました。探索者は、鎌田、松村、橋倉、仁平、小川、福田哲夫、高橋でした。(報告 高橋佳夫)

2017年9月18日 (月)

台風一過が運ぶ爽やかな秋風と青空の下で森作業

 台風18号の災害にあった方々にお見舞い申し上げます。

Photo  日本海はこの台風で海水が撹拌され、少しは水温が下がったことでしょう。足尾・松木沢の朝は写真の通り真っ青の空と西から吹きつける台風の風が爽やかで、とっても気持ちが良い日のスターとでした。

Photo_2

Photo_3

Photo_4  今日は、新松木の杜の秋祭りの準備作業。2012年5月に植えた新松木の杜の木々たちも写真の通り、元気に生長しています。

Photo_5

2  コナラ、ヤマザクラ、トチノキ、クヌギ、シラカンバ、イロハモミジ等は幹の太さが大人の腕程に太くなり、樹高は3mを超えました。この木々の葉は間もなく黄色や赤色に化粧して、森一面が賑やかになる秋祭りを迎えます。私たちも秋祭りを楽しもうと、今日は下草を刈りました。

Photo_7

Photo_8 Photo_6

Photo_9  午後3時過ぎ、作業を終えて帰る支度をしていると、二歳のキツネが挨拶にきてくれました。

Photo_10  今日の作業は秋の風が台風に運ばれて清々しい気分で行えることができました。来月下旬には楽しい秋祭りがはじることでしょう。

Photo_11  森ともの皆さんとお会いできることを楽しみにしています。今日のボランティアは松井、仁平、高橋でした。(報告 高橋佳夫)

2017年9月17日 (日)

台風前の一仕事

今日は事務局メンバー有志発案の足尾作業日でした。

P9170292

毎日のように現地で作業をしてくださるスタッフにくらべ、事務局は足尾に入る機会が少ないメンバーが多い、と言う自戒から、少しでも多く現地での作業をしよう!という水落事務局次長の声に集まったメンバーです。スタッフも含めて、15名が集まりました。

Dscf2938台風18号の荒天で中止も検討しましたが、午前中ならば多少の雨で済むだろうとのもくろみで、強行開催です。

Dscf2947

幸い予想通りの天気で、一年目、二年目の植樹地を中心に草を刈る作業を行いました。前日までのたくさんのボランティア作業のお陰で、ほとんど刈る場所がない位でしたが、残っている植樹地の下草を、丁寧に抜きました。

Dscf2936
民衆の杜の順調な成長や、植えていないはずの木々、虫たちとの出会いといった小さな変化を楽しみながらの作業となりました。

P9170276

午後からは、薪ストーブの煙にいぶられながら、このあとに控えた秋以降のイベント情報を一同で共有し、少し早めに解散しました。雨のなかの作業でしたが、作業後は一仕事終えた感で満足な一日となりました。

Dscf2950

本日の作業は、小林、水落、加賀、宮原、済賀、人見、清水、鎌田、橋倉、柳澤、武田、高橋、松井、仁平、小黒(報告)でした。

P9170284クリが大豊作!

森びと検索

最近のトラックバック