2017年3月29日 (水)

春の雪に想いをこめて森作業

 昨日の松木沢は、白一色です。27日の雪が訪れかけた春を冬へと引き戻してしまいました。

Photo

Photo_2

Photo_4 その雪で、那須では若い命が奪われてしまいました。自然の厳しさと、安全の気配りの大切さを実感させられました。亡くなられた皆さんのご冥福と怪我をされた皆さんの回復を願わずにはいられませんでした。

 今日の森作業には、埼玉、群馬、栃木の3県から9人の猛者が勢揃いです。臼沢での作業に向けて張り切っていましたが、積雪のため断念しました。

 それではと、間もなくオープンする「みちくさ」で打ち合わせです。その結果、①みちくさの大掃除、②培養土運搬で使用した大量のパレット整理、③試験用ハウスの確認と別棟のハウス内のポット苗への散水をやろうと決めました。

1

Photo_6

2  皆で昼食を食べた後、福田スッタフから育苗に関する問題提起があり、論議の結果、試験ハウスでの越冬試験は本日で終了し、ポット苗トレーをCハウスに戻しました。その苗達も来月には外に出すことになるでしょう。

 作業はスムーズに終了し、お天気も春らしくなり、森びと広場は溶けだした雪でグチャグチャになってしまいました。

Photo_7  春を待ちわびる本日の猛者たちは、鎌田、松村(宗)、松村(健)、小井土、岡安、橋倉、小川、福原、福田の各スタッフでした。(報告・橋倉喜一)

2017年3月27日 (月)

南相馬発、3年前に植えた木々たちは樹高2㍍を超えました

 26日、南相馬市は曇り空でした。2013年10月6日に植林した鹿島区南右田地区の森の防潮堤の木々は樹高が2㍍ほどに生長し、「鎮魂の森」になりつつあります。

Img_0408

Img_0418

 天高い空ではひばりがさえずってしました。遠くには春霞のなかに「カシマの一本松」が見えました。相馬農業高校の生徒達が植えてくれたハマナスも元気に新芽を出していました。昨日は、植樹した木々たちの生長等の観察をしてきました。

Img_0419

 雫浄化センターの育苗場では、苗木全体に散水しましたが、自宅へ帰る直前には恵みの雨も降ってきたのでひと安心しました。

Img_0420

 育苗場にはイノシシが苗床を荒らした跡と糞が残っていましたが、苗木の被害等は見当たりませんでした。

Img_0416

 沿岸ではコンクリート防潮堤が急速に造成されているようですが、自然の猛威は忘れてはならないと思います。10月予定されている第5回「鎮魂復興市民植樹祭」の成功にむけて応援隊は皆様をお待ちしています。(報告 東城敏男)

2017年3月26日 (日)

困難なことに立ち向かうには、やはり“つもり人”ではなく、“つくる人”

 昨日、福島県南相馬市で「地産地消・エコな暮らしを考える市民フォーラム」が開催されました。会場には70名ほどの市民が集い、未来の子供や孫に誇れる南相馬市の“新しいふるさと”について、食とエネルギーの問題から話し合いました。

 冒頭、劇団「赤いトマト」主宰・大河原多津子さんによる一人人形劇「太郎と花子のものがたり」が上演されました。2011年3月11日、福島第一原発事故によって、仕事と生活を破壊されたシイタケ農家の物語で、放射能の恐ろしさと農民の怒りと苦悩がリアルに伝わる人形劇でした。

P2250008  運営は、南相馬市鎮魂復興市民植樹祭応援隊(通称:応援隊)の市民と当委員会で行いました。司会は、応援隊事務局の小川尚一さん、主催者挨拶は大野昭彦理事、来賓として桜井勝延市長からご挨拶をいただきました。桜井市長からは「今日(3/25)は脱原発都市宣言の発出から2年。脱原発都市宣言を出さざるを得なかったのは、原発の再稼働が目論まれていたから。被災地や亡くなられた方を冒涜している」「昨年7/12に小高区の避難指示解除を受けて、教育機関に人工芝を張ったら、子どもたちは喜んでくれた」「幸せは今生きていること、地域と連携して人々を認め合うことだ。お金ではなく、この地域に生きて誇りを持つことが出来ることを進めていきたい」「この地域が最もいのちを大切にしている市だと言えるようにしていく」などとご挨拶がありました。また、民進党衆議院議員・金子恵美さんより祝電メッセージを頂戴しました。ありがとうございました。その後、応援隊の東城敏男さんから応援隊の活動報告を行い、シンポジウムが始まりました。

P2250109

P2250030

P2250038

P2250049  シンポジウムの進行役は毎日新聞・明珍美紀さんが行い、パネラーには一般社団法人南相馬農地再生協議会代表・杉内清繁さん、いととんぼ代表・田中京子さん、劇団「赤いトマト」主宰・大河原多津子さんが登壇されました。

P2250110_2  杉内さんからは「原子力は安全だという神話のもとに生きてきた。しかし、3・11後自然環境をベースにして生きていくことが必要だと感じた」、「菜種は国産のものを使用、海外の菜種は遺伝子組み換えのもの」、「3・11以降、復興を支援してくれる官民合同チームがマヨネーズやドレッシングを商品としての研究開発、売り場まで含めて取り組んでいる。地元にできるだけ広範に知れ渡るようにPR活動を考えていきたい」などと発言がありました。

P2250067  田中さんからは「(3・11を経験して)絶対に教わった技術を継承していかなければならない」、「(いととんぼでは)50ベクレル以下の農作物を販売している」、「南相馬市では進んで参加する人は少ない。いろんな意味で分断されており、温度差がある。一人ひとりが心の豊かさを持って、市を良くしていく心意気が必要」、「コミュニティが必要。第1・3水曜日に30名ほどでパッチワーク教室を開催。まだ身内が見つからない人もおり、心の復興はまだだ。地道なところから始めて元気になってほしいと開催する」などと発言がありました。

P2250073  大河原さんは「有機農業を40年以上やってきたが、3・11を受けて顧客が3分の1になってしまった」「(産直所に)クラウドファウンディングでソーラーパネルを設置した」、「他県の団体などが応援してくれ、週1回Facebookなどで発信している」などと発言がありました。

P2250098  会場からの発言では、「先に目覚めた人が良心的に行動していく。残念なことにそれが一部の人に限られていて、大部分の人は今の大きな流れに逆らえないで生きているのじゃないのかと思う。いかにして私たちが正しい考えを一人でも多くの市民に伝えていくことがテーマになるのではないかと思います」「マスコミがもっとしっかりとして正しいものの代弁者になってくれれば、原子力発電の問題にしろ、食料を6割以上も輸入している先進国はないそうです。そのようなことを考えたら、地産地消は言われるまでもなく当然なんです」など意見を頂戴しました。

P2250100 桜井市長からは「2030年までに市民が使う電力は賄える。風評被害は自分で動かないと変わらない」と発言をいただき、私たちは3・11以降の市長の行動力・発信力を学ばなくてはなりません。

P2250096  明珍さんから「脚本家の倉本聰さんに取材をした際に、原発問題は政治的な感じがして一歩引いていたけれど、日本で原発事故が起きてしまった。これは立ち上がらないといけないと、自らいろんな集会に参加出るようになったとおっしゃていました。ですから切実な状況であることは、変わりないと思います」と紹介がありました。

P2250054 最後に、明珍さんから「子どもたちにふるさとを残していくために何を実践していくのか」と問いに対して、大河原さんからは「息子は29歳で有機農法をやっていく決意を固めている。トルコのモデル的な有機農法に刺激を受けて、楽しく明るくやっており、脇を旦那の仲間などで固めている」「地球環境を相当汚してきた世代の人間だから、みんなが将来の子供たちに何を残していくのかを考えて行動すれば、間に合わないことはない。ドイツは国を挙げてやっているんです。日本にできないはずがないんです。そのためにまともな政治家を選ばなくてはならないし、正しくお金を使ってくれる企業を応援しなくてはならない。ちまちましたことでも私たちのできることは必ずあると思うんです」と語られました。

 田中さんからは「ここ(南相馬市)にいる以上、しっかりと大地に足を踏ん張って、水・自然・子育て環境を守っていき、地域の発展と活性化に頑張って、子どもたちに背中を見ていてほしい」「南相馬が好きだ。だから残るんだ、だから頑張っていくと確信が持てるようになってきたので、それを育てていく」。

 杉内さんからは「水や自然のものはタダで手に入ると思っていたが、そういう環境が窄められてお金に換算される時代になってきた」「次の世代につなげていくために、関心のある点を考えながら、かつ地域社会や自然環境など目が輝く面白い地域づくりをつくっていく」。

Photo まとめでは、明珍さんから「本当は東京でこのようなフォーラムを開催するべきだと思う」、「新しい福島をつくる気持ちを持ってやっていきたい」、「正直に放射能の数値を出して、そのうえで判断をしてもらう」、「今日のフォーラムでのキーワードが3つ。食・エネルギーそしてコミュニティの力。これが必要なのは南相馬に限らず、日本のどこの地域でも抱えている問題だ。それと行動するには仲間づくりが必要である」ことが延べられました。

 参加された皆さんからアンケートをいただきましたので、一部紹介をします。「考えることが多くありました。次回もフォーラムを開催してほしい」(70代男性)、「家の中にばかりいて、いろいろな話が分からず、フォーラムに参加して良かった。知人の誘えばよかったと思いました(70代女性)、「関係者の皆様、これからも続けて下さい。ご苦労様でした。負けるな・ファイト」(70代男性)。

 今フォーラムの開催にあたりまして、南相馬市、南相馬市教育委員会、福島民報、福島民友新聞社、NPO法人つながっぺ南相馬、原町地区連合より後援をいただきました。この場をお借りしまして、お礼を申し上げます。ありがとうございました。

(事務局・小林敬)

2017年3月25日 (土)

ポカポカ陽気では森作業もはかどります

 今日の天気は晴れ、気温は12℃まで上がりました。風もなかったので、スタッフが全員集合した9時45分、簡単な打ち合わせをして臼沢の森へ直行。

Photo

Photo_2

 5月の植樹祭の会場のひとつである臼沢の森の食害防止ネット張りの下準備へ、13時まで一気にやってしまおう、と階段を上った。強者たちは休まずに2時間食害対策作業をやり抜きました。爽快な気分を写真に撮ろうとパチリと一枚。

P3255789

 遅い昼食を摂った後、今年の育樹計画を話し合い、4月1日の事務局会議へ提案することになった。3日前には周囲の山は雪景色でしたが、午後になるとその雪は溶け、春がすみ(写真下)の様な景色に変わっていました。

Photo_3

Photo_4

 午後は、撒水、薪割りなど環境整備を行い、帰路に着きました。ポカポカ陽気でしたので、若い鹿やイノシシ、そして猿たちものんびりしているようでした。

P3257094

P3227073

P3237076

P3257125

 本日のボランティアは、鎌田、松村、橋倉、仁平、加賀、高橋でした。お疲れ様でした。(報告 髙橋佳夫)

2017年3月24日 (金)

“春の火災予防”は足元から

 春の温もりと冬の冷たい風が一時間ごとに入れ変わる一日であった足尾・松木沢。

1

2

3

 今日の森作業は昨日の続きをやろうと上の苗床に行ってみると、ポット苗の土が凍って草取りが出来ませんでした。下のハウス内とポットを置く地面が枯れ草だらけなので、苗作り場所の環境整備をしました。

Photo_4

Photo_5

 ハウスの西側に防草シートを敷いて、そこにドングリから芽を出した幼木をポットに入れ替え、新しい小さな住まい(ポット)を置きます。ポットの周りが草に覆われないように、防草シートを敷きます。その準備をしました。

P3245765

P3245764

 午後は、急遽、作業小屋の薪置き場を整理しました。室内から外を見ると煙突から木々が燃焼してできるタールらしき液体が落ちていました。その液体は積んであった薪に落ちて、薪が焦げているようでしたので、火事にならないように薪を片づけました。

4

5

 ついでに長い枝や幹をチェンソーで短くカットし、ストーブに入れ易い長さの薪にしました。

P3245778

P3245779

 16時半頃になると、新潟方面からの風が雪を運んできました。身体が震えるほどに冷えてきたので、帰路につきました。本日のボランティアは、小井土、仁平、高橋でした。(報告 高橋佳夫)

森びと検索

最近のトラックバック