2017年11月20日 (月)

地産地消、森の恵みに感謝し、「森の案内人」養成に向けた意見交換。「足尾は宝の山」、「森の宝物」探しに心が躍る

11月19日は遊動楽舎“みちくさ”を閉舎し、12時から「森の案内人」養成意見交換会を開催しました。会場は、日光市今市の里山に囲まれた閑静な住宅地にある鎌田スタッフのご自宅をお借りしました。

Pb190286

2005年から足尾・臼沢の森への植樹をスタートし、現在では小さいながらも多くの生物の命の森へと生長しています。そして、松木、新松木、民衆の杜と多くの植林ボランティアの皆さんと一緒に森づくりをし、それぞれの杜が「本物の森」を目指し生長を続けています。

足尾の森は足尾銅山跡地を訪れている方々に様々な感動を与えているようです。当委員会が育てている森もその一つですが、この感動を未来を生きる知恵として体得していただくために、足尾周辺の森(自然)を案内できる「森の案内人」養成に向けて、森びとの「強者」のみなさんから意見をいただきました。

20171116

 

当月は高橋副理事長、鎌田スタッフ、松村スタッフの誕生月でもあり、誕生月祝いを兼ねた食事会も企画し、参加者は「地産地消」の料理を一品持参することとしました。

事務局、スタッフが腕によりをかけて作った「森の恵み」がテーブルの上を埋め尽くし、「盆と正月とお祭りの日がかさなったようだ」と声が上がりました。

Pb190255

木炭でじっくりと焼き上げられた那珂川清流のアユの塩焼き、アユの唐揚げ、日光産根菜類サラダ。

 

Pb190245

Pb190247

先人の知恵を生かした保存食の芋がらの煮物、新潟県の山奥で採れたワラビの煮物。

 

Pb190261

栃木県人が愛するモロ(モウカサメ)の煮つけ、茨城県のレンコン、漬物など愛情こもった料理と舞茸おこわ、日光の地粉で打った新そばに舌つつみをうち、長い年月をかけて大地にろ過された伏流水を使った純米酒やワインなども少しいただき、森から学んだ事を話し合いました。

Pb190272

Pb190270_3

Pb190297

大地を耕し、土づくりをし、苗木を植え、育樹に精を出し、煙害によってはげ山となった斜面に徐々に森がよみがえっていることは目で見て確認をすることができます。 

しかし、「なぜ私たちは足尾の森作業に行っているのか」を考えたときに、なかなか意見が出ませんでした。

Pb190322

かつて足尾の山は銅や金、銀を産出し「宝の山」でした。その代償は「公害」として「自然」に大きな被害を与えましたが、先人の努力により当委員会が植樹活動のできる基礎を築いてくれました。私たちは「新たな『宝の山』の宝探しを行っているのではないか」という意見が出され、一同納得。次年度「森の案内人」養成に取り組み、森とものみなさんと一緒に「森の宝」探しが出来るよう研鑽をしていきます。

Pb190311

本日の参加者は、鎌田ご夫妻、鈴木イツ子さん、小井土ご夫妻、高橋、唐澤、加賀、橋倉、松村宗、仁平、清水、水落、松井、小黒、宮原、福原の17名でした。

(報告者:清水 卓)

2017年11月18日 (土)

地球に優しい「恩送り」をつくりだしてくれた36名の森とも

 天は森びとに味方しているような一日でした。天気予報では誰もが冷たい雨がふると思っていた今日ですが、植樹から交流会が終わり、地球に「恩送り」をした森びとが帰路につくまで雨が降りませんでした。

Photo  「秋の感謝デー」に集ってくれた方は36名、まずは「うんしゅう亭」で主催者側から歓迎の挨拶と植樹方法の案内があり、2つのグループに分かれて植樹に入りました。

Photo_2

2

Photo_3  松木の杜では、景観を重視してシラカンバの林をイメージして80本のシラカンバを植えました。

Photo_4  臼沢の森西では、ミズナラ、コナラ、イヌシデ、カツラ、カシワ、シラカンバ、カマツカを計120本植えました。

2_2

1

Photo_5

Photo_6  鹿や兎の食害から苗木を護ろうと柵やネットを張りましたので、参加者は狭い檻の中で植林してくれました。

Photo_7

Photo_8  昼食交流会では、小井土スタッフの奥様、加賀事務局員の奥様、済賀東京事務所事務長が地物の旬の野菜が入った豆乳汁、仁平スタッフ提供のハス、筆者提供の山形の菊とお新香がテーブルに並べてくれました。

Photo_9  冷えた身体には温かい汁がしみわたり、豆乳と旬の野菜の栄養も身体に浸み込んでいくようでした。

Photo_10

Photo_11  交流会では、WE21寒川の皆さんからのフィリピンのふるさとの森づくり支援活動の紹介と協力願い、野田さんからは健康に良い“お笑いヨガ”の指導を受けました。また、徳枡さんからは地球温暖化にブレーキをかける運動をもっと社会へ広げていこう、という熱いコメントがあり、参加者一同が全ての生き物たちとの共生ができる地球を残していこう、という雰囲気がつくられました。

Photo_12  今年最後になるであろう地球への「恩送り」をつくってくれました森ともの皆さん、お疲れ様でした。(報告 高橋佳夫)

2017年11月17日 (金)

今年最後の小さな植樹祭・「恩送りの日」を迎える足尾・松木沢

 明日は冷たい雨が降る感じのしない穏やかな晩秋の青空の今日、森作業で身体を動かすと汗が出るほどの一日でした。

Pb179362

Pb179385  無風の温かい風にのってあちこちからエナガの鳴き声が聴こえていました。

Pb179392

Pb179377

Pb179379  2005年から育てている臼沢の森の西側では、石ころだらけの草地を耕し、土を運び入れた植林地に苗を運び入れました。明日は、松木の杜にも80本の補植をしますので、計200本の落葉広葉樹を植えます。

Pb179372

Pb179388  臼沢の森入口では元気に育っているモミジが濃い紅色の化粧をしていましたが、森の中は葉が落ち、土に陽の光を溜めこんでいるようでした。

Pb179374  その地点からは、松木の杜と新松木の杜の遅い秋色が中倉山の黒い斜面に映えていました。

Pb179401

Pb179404

Pb179410

Pb179413  午後は、下のビニールハウス周囲に防草シートを張りました。5年間、冬の寒いこの地で常緑樹の育苗経験をしてきたのでその経験を活かして、無理なく越冬できる苗を育てたいハウスの環境整備でした。

Pb179394

Pb179415  その後、雄鹿が鳴き出してきたので、森作業を止めて、ホットコーヒーを飲みながら明日の最終ミーティングをして、帰路に着きました。「どくだみ荘」チームは、明日の昼食交流用の調理に入りました。本日のボランティアは、鎌田、福原、済賀、仁平そして筆者でした。(報告 高橋佳夫)

人類の責務としての温暖化防止、暮らしの中からできることを考え、実行し、継続と拡大をしていく11・11市民フォーラム その②

 11日の市民フォーラムの会場(横浜市開港記念会館)は、関東大震災時に全焼してしまいましたが、1927年に大正期建築を復元した状態で再建され、1989年に国の重要文化財に指定されたレンガと花崗岩でできた場所でした。

Pb110221

Pb110222

Pb110187

Pb110188

Pb110189

Pb110177

Pb110100  11日の市民フォーラム参加者からの感想が届けられましたので、感想を紹介します。 

 「『日本と再生』の映画を見て、世界がすでに取り組んでいる現状を知り、この映画をテレビで繰り返し放映してもらいたいと強く感じました。無知だった私には、とても印象に残った」(70代女性)、「エネルギーの地産地消で世界平和に」(70代男性)、「出身が福井(原発)で、友人が朝倉(水害)なので、いろいろな思いがある。ベースロード=原子力の仕組みのウソを具体的に知ることが出来たのは良かった」(70代女性)

Pb110012  大変参考になる話を聞くことが出来ました。普段あまり深く考えて生活はしていない為、今日は良いチャンスをいただきました。心に木を植えていただき、ありがとうございました(70代女性)

Pb110046  

Pb110061  「地産地消がいかに大事かということを改めて思いました。旬産旬消の言葉。厚木で畑で野菜を作り、近くで直売所で安くて新鮮な野菜を買っています。食べ物で地球に優しいくらしを考える、良かったです」(60代女性)、「横浜でたくさんの野菜を作っている事を知りました」(70代女性)、「行政が最初のきっかけを作ることでマルシェが自立的に増えた話が印象的でした。生産者・消費者双方にメリットがあれば、本来自然と広がるものです。エネルギーについても同様で、障害は政治家の方に解決を望みます」(50代男性)、「もう一度生活を見直す結果となった。一人ひとりが考えていけば、もっと良い暮らしができると思う。地元の良いところを探してみる」(60代男性)、「横浜がこれ程農業をやっているとは知らなかった。あまり関心がないのだと思っていました。小田原よりもすごいというのは感激でした」(30代男性)、「横浜市の食との関係などわかりやすかった。森びとも若い人、子どもの育成など人づくりのためだと初めて感じました。今後も参加していきたいと思う」(40代男性)

Pb110169  「政府の原発政策を止めさせたい。あれだけの原発事故を起こしながら再稼働をさせ、海外に輸出などとんでもない!それから国民も無関心な人が多すぎる。国民の意識を変えさせるためにはどうしたらよいのか?そのために個人になにができるのか」(60代女性)、「住んでいる山間部では、再生可能エネルギーとして太陽光発電の建設ラッシュです。農村は高齢化で耕作放棄地が多くあります。今、企業は乱開発的な太陽光発電の設置が進んでいて心配です」(60代男性)、身近な省エネに変えたくなりました。原発0に向けて、私もがんばります」(50代男性)

Pb110163  「私たちの欠点は頭でわかっていても行動に移せないことだと思いますが、これは社会のシステムも変えないと、個々の努力だけでは限界があると感じました」(60代男性)、「地球環境を良くするために森や木々を大切に。原発に頼らないエネルギーを生産していくことの大事さを思わせてもらいました」(70代女性)、「映画『日本と再生』に始まり、涌井先生のお話、ディスカッションに登壇された方々の話、全て大きくうなづきながら拝聴させて頂きました。今より一歩さらに進んでいくために何ができるか考え、行動に移していきたいと思っています」(50代女性)、「地球がこわれようとしている現実の中で、自分自身が何ができるのかを考える場となりました」(50代男性)、「参加者が少なかった点は残念であります。本日登壇された方々にエールを送るとともに、誰かに任せるのではなく、自身の判断と選択する権利を実践し続けたいと考えます」(60代女性)、「提案された対策ではなく、もっと根本的な問題を改善しない限り、無理だと思う」(60代女性)、「岸井さん、頑張ってほしい」(60代女性)

Pb110200  今回の市民フォーラムでは、私たちは地球温暖化にブレーキをかけていく今の暮らしの見直しが求められていることを提案致しました。いち早く水ぶくれのライフスタイルに気づき、次世代の地球の恵みの分け前分を私たちが先取りしない暮らしへと舵を切っていかなければなりません。評論や批判をしているだけでは、現実は変わりません。地球温暖化にブレーキをかけていくことは、もはや“待ったなし”です。具体的に私たちができる事から行動していく本気度にかかっていることを参加者の方々と確認しあいました。

Photo_2  最後になりますが、今回の市民フォーラム開催にあたりまして、城南信用金庫様より協賛をいただきました。また、認定NPO法人WE21ジャパン様、神奈川新聞社様より後援をいただき、一般社団法人エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議様とは昨年に引き続き共催で市民フォーラムを開催してきました。この場をお借りしまして、ご支援・ご協力をいただきましたことに御礼をさせていただきます。誠にありがとうございました。

(報告:事務局・小林敬)

2017年11月16日 (木)

人と森の物語が詰まっている足尾・松木の杜

 今日の昼頃には みぞれが降ってきました。朝は青空が見えて澄んだ冷たい空気が心地よかったのですが、昼頃には西から黒い雲が近づき、その雲がしぐれを連れてきました。今日の作業は「秋の感謝デー」の最終チェック、昼食交流会場は準備万端、明日は苗木を現場に運び入れるだけにしました。

Pb169510           岩山と草が目立つ松木川両岸

 感謝デーは冷たい雨と風が吹く天気らしいので、遅い秋色の葉が落ちない前の森を紹介します。

Photo_2          茶色に見える横の筋が落葉広葉樹の森

Photo          松木の杜から足尾ジャンダルムを見る

Photo_8  岩山と草が目立つ松木川両岸の山々と草地ですが、写真中央横一列が遅い秋色になっている所が落葉広葉樹の森です。

Photo_3

Photo_4  午後3時半からは、19日に開催する「森の案内人」養成意見交換会に向けて、松木の杜を散策しました。2009年から植えて育てている森は写真上の通りです。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_9

Photo_10  昨日紹介したカンザクラを近くで見ると、小さく可憐な薄いピンクの花が寒そうでした。足元には、8年目にして実を付けてくれたカラタチに感動、さらに、フィリピンでの森づくり支援のきっかけとなった場所に植えたコナラとクヌギの生長を現地に送ろうと、その前で写真を一枚。森づくりの物語になる事柄は数えきれないほど詰まっている松木の杜、改めて実感しました。

Pb169572  本日のボランティアは橋倉、仁平、筆者でした。(報告 高橋佳夫)

森びと検索

最近のトラックバック