2018年1月22日 (月)

私たちは“生物社会の小さな一員、海や森に生かされている”

 天気予報では今日から関東の平地でも雪が降るらしい。報道では一昨日からその警戒を呼び掛けている。明日は足尾の森作業日、当然、森びとスタッフ達は森作業の有無を考えている。

P1219880  その基準は事故と怪我を起こさないことが第一だ。冬用タイヤの装備は当り前のことだが、車を運転するスタッフはシニア。反射神経などは以前よりも鈍くなっている事を前提に、その上、比較的軽い車両の軽自動車は積雪に弱い、雪道の経験が少ないスタッフと身体の健康状を踏まえて判断する。さらに、想定外の異常気象が荒れ狂っているこの頃の気象状況を忘れないようにしている。

P1219882

P1219886  当委員会設立から心がけていることは、異常気象の警戒と対策にとどまらず、どうして大寒波が南下し大雪が降るのか、という暮らしを脅かす異常気象の原因の本質を考えている。常に、背後要因に迫るようにしている。

P1219898  社会では警戒と対策だけを考えてしまう傾向にあるが、全ての生産と消費活動はこの大地が支えている。それなのに、世界の一部権力者は、これからも持続可能な生態系豊かな大地を守り育てるという視点が弱い。その対策は“待ったなし!”であるのに。

P1219865  暮らしの基盤である大地の力が、森の力が強風、大雨、熱波などから大地を守れなくなっている。中央地方行政機関の職員、政治家、企業経営者そして報道機関関係者は、そして私たちは“生物社会の一員にすぎない人間・海や森に寄り添ってしか生きられない”という冷厳なこの事実を受け止めなければいけない。

P1219901  明日の足尾・森作業は現地町民の情報を基に、スタッフ達と話し合って判断する。(理事 髙橋佳夫)

2018年1月21日 (日)

南相馬市に届く“地球の悲鳴”に向き合う応援隊

 アメリカの寒波襲来、ドイツ、オランダの強力な寒風、オーストラリアの45度もの気温上昇、ロシアの寒波など、世界各国では想定外の気象の報道を読み聞きすると、それは地球の悲鳴だと分かる。日本は今週から寒波が襲来するらしいので、自然災害の本質的な原因に目を向けなければならない。

Img_1094_640x480  福島県南相馬市の雫浄化センター育苗場の苗木は青空の下で、太平洋から吹き付ける寒風に耐えて頑張っている。遠くの火力発電所から吹き上がる蒸気煙を観ていると、「美しい景色」として映る景色の裏に“地球の悲鳴”があるようだ。

Img_1092_640x480  今日は、11日から始まった市長選挙の投開票日。選挙事務所には、全国の森びとファンクラブからの激励が届いている。日本で唯一「脱原発宣言都市」に指定した南相馬市、市民の命を守る防潮堤づくりを牽引している桜井勝延さんの当選を願うのは私ひとりだけではないと思う。

Img_1097_640x480

Img_1100_640x480  今年も南相市民の応援隊は、鎮魂復興市民植樹祭実行委員長の桜井さんとスクラムを組んで森の防潮堤を育てたい。6月には全国植樹祭があり、これから忙しくなりそうですが、体調管理に十分に注意し未来を生きる私たちのいのちの基盤である大地を豊かにしていきましょう。(応援隊 東城敏男)

いつまでも“想定外の自然災害”と言うわけにはいかない!

 近くのキャンパスを歩いていると「フィュー!フィュー!ピキュー!ピキュー!」とヒヨドリの鳴き声が聴こえた。鳴き声の近くを見ると紅白の梅花が開花していた。ヒヨドリは梅の花の臭いを嗅ぎつけて、美味しい蜜をいただこうとしていたのか。

P4293597  天気予報では明日以降寒波が南下して、大雪が心配される。昨日は暦のうえで「大寒」。梅の花にとっては明日からの寒波には堪えるだろうか!

オランダとドイツでは寒風が大暴れしている。倒木などで犠牲者もあり、鉄道や飛行場、停電などのライフラインがストップしている。年末から年始のアメリカでの大寒波襲来と被害を思い出す。

P1209856  自然災害と言えば、信越線三条駅の付近での「雪害」は鉄道事業者の人災ではないかと思わざるを得ない。報道によれば、JR東日本新潟支社幹部は大雪に対する「見通しが甘かった」、長時間車内に閉じ込めたお客救出に対しては「全員救出にこだわっていた」というが、このような結果を生み出してしまった経営幹部の“異常気象への向き合い方”、“お客の命が第一”ということへの驕った経営姿勢ではないか。“お客様第一”の中身に驚かされた。

P1209858  こんな心配をしつつ、昨日は、生産者と消費者の持続可能な社会を考える「第2回イオン未来の地球フォーラム」に参加してきた。(理事 髙橋佳夫)

2018年1月18日 (木)

旬のホウレンソウの美味しさは“虫と太陽”の恵みでつくられている?

P1189845  葉物野菜の値段が高い。昨日、アパート近くのスーパーで茨城県産のホウレンソウの値段が一把100円台だったので一把買った。そのまま保存しているとビタミンCが失われるので30秒程茹でて冷凍保存にした。旬のホウレンソウは風邪ウィルスから身体を守ってくれるので有難い。

P7275846  寒い冬が旬のホウレンソウ。寒さからホウレンソウを守っている栄養源は霜柱に被われている土。土中に張っている細い根から茎や葉に栄養は運ばれているが、その栄養源は農家が作っているのではなく、「虫たち」(土壌分解動物)だ。

Photo          ミミズの糞

Photo_2         マルタマゴダニ(2010年足尾にて)

 今季のように寒い日でも地中では、ミミズ、コガネ虫類、ダニ達が枯葉や枯れ枝、死骸や糞等の有機物を分解し、その後、「虫たち」の糞を微生物や細菌が食べて無機物(栄養)を作っている。この栄養とホウレンソウが太陽のエネルギーと二酸化炭素で生産した糖分で、私たちの命に欠かせないビタミン等の栄養として葉物がある。

P6173049  農家の方々は先代が守り抜いてくれた畑で農作物を作っているが、実は、畑を守っているのは土壌分解動物と微生物や細菌で、この「虫たち」に支えられて農家の方々が畑を守っているのだ。

P5124658  ロシア・サハ共和国では氷点下652度を観測した。死者もでているが、こんな極寒地の地中では「虫たち」はどんな様子で働いているのか、と考えてしまう。(理事 髙橋佳夫)

2018年1月16日 (火)

鹿と人との知恵比べの森作業と植樹祭準備始まる

  本日(1/16)は筆者にとって、今年最初の森作業日でした。自宅から足尾に向かう林道から見える景色を楽しみにしながら、県道15号線を通って来ました。粕尾峠からは、ご覧の様に男体山がクッキリと見ることが出来ました。

1_1

 カーラジオから聞こえてくる天気予報では「今日の関東地方は3月の陽気です」と。しかし外気は肌を刺す寒さの中で、仲間とコーヒを飲む「湧き水」を汲みながら、涸れることのない「森の恵み」に感謝して頂戴しました。

1_2 
 森びと作業小屋10時の気温は6度で快晴。ちょっぴり暖かく感じました。中倉山北側斜面の雪も溶けだし、「雪ウサギ」は現れませんが、岩に張り付いている雪はいろんな動物に見えてきます。

1_3
 早速、本日の作業打ち合わせ、臼沢の獣害チェックと散水作業を行うことにしました。

1_4

1_5 
 この日、鎌田スタッフは篠竹1.000本運んで来てくれました。一日中笹竹を伐っても400本が限度といいますから、運んできた本数は2日以上かかっています。すでに始まった春の植樹祭準備に入っている鎌田スタッフの本気度!には頭が下がります。

1_6 
 また、コンテナ内のスチールロッカーを一部配置換えして、道具を取りやすいようにしました。

1_7

 臼沢の獣害チェックから帰ってきた松村スタッフの開口一番は、「まるで臼沢動物園だよ」と。親鹿と子鹿の2頭を目撃したが柵外に出たことは確認できなかったようです。今後の対策が必要です。
 少々遅くなった昼食では、橋倉スタッフから「フイリピン・ルボ村鉱山跡地をふるさとの森へ」、とする活動を支えるための募金が始まっている報告を受けました

1_8_2 少し日が傾くと、松木沢渓谷は急に冷え込みます。冬季の作業時間は短いものですが、充実した森作業を行うことができました。本日のボランティアは、鎌田、松村(宗)、橋倉、柳澤、筆者でした。(報告 福田哲男)

森びと検索

最近のトラックバック