2017年5月25日 (木)

昼食・交流「トーク&トーク」・・“人の暮らしは森に支えられている”・・・その①

昼食後は、“森の恵みに感謝、私たちは森に生かされている”をテーマにしたトーク&トークを行いました。進行役には平木ちさこ理事と清水卓東京事務所副所長の2人が務めました。

Photo_10

Photo_20

 まずは、日本語と文化を学ぶアジアの学生、いつも明るく元気なもんぺ座の女性の皆さん、NTT印刷に働く毎年参加の皆さん、

Photo_11

Photo_12

Ntt

Photo_15

 JR東日本グループ会社で働く労働組合員の皆さん、

Photo_13

 初めて参加した平木理事の友人から、標高約1千㍍での植樹、荒地で4千本植えた感想をいただきました。

Photo_14

 中国人留学生からは、自国のスモッグによる環境悪化と多くの参加者が未来のために木を植えている情熱に感動した話しをしていました。

 続いて、4月29日に行った「孤高のブナ」の保護活動に関して、同行した日光森林管理署・浪岡所長と保護活動に協力してくれた徳枡さんから、「足尾の歴史の証人」でもあるブナの存在の大切さと“森に生かされていることの大切さ”を語っていただきました。

Photo_16

Photo_17

 今年は沖縄からの参加者がいました。森びとインストラクター・梁次さんが友人を連れて来てくれました。足尾まで来てくれたのは、昨年9月に開催した「心の森探訪inやんばるの森」でお世話になった安慶名さん。奥様からは、沖縄県民の水60%を貯めているやんばるの森ではオスプレイ用のヘリパッドの建設のために何万本の木が伐採され、辺野古でも政府による自然破壊が強行されている中で、非暴力の抵抗をされている話がされました。

Photo_18

 今年は若者たちを誘って参加してくれたマリンバ奏者・奥平さん。奥平さんからは、マリンバ(木琴)の恵みで音楽活動が出来ている恩返しとして植樹している、ことが語られました。

Photo_21 

Photo_19

 私たちが植樹をしている松木村跡地では、廃村する前にはオオムラサキが舞っていたそうです。この「松木の杜」に私たちはオオムラサキを乱舞させたいと、エノキと樹液を出すクヌギ、コナラを植えてきました。アドバイスは、NPO法人自然とオオムラサキに親しむ会から受けてきましたが、その理事長・跡部さんに「松木の杜」を観ていただき、「オオムラサキが舞う日が間もなく来ます」、とうれしい感想をいただくことができました。

3620170520

 大人たちの木を植える情熱が若者達へ“やる気”が伝わり、大切な水は森が蓄えていることの再認識、音楽活動や蝶の羽ばたく夢が膨らむなど、私たちの暮らしには森に支えられていることが語られたトークでした。後半は、明日以降に更新します。(事務局 小林敬)

雨の恵みを願いつつ、“森とも”の熱意を裏切らない森作業

 20日と21日の植樹祭が無事に終わった直後、臼沢の森の獣害と乾燥が心配でしたので森作業を行いました。そんな私達に、「ご苦労様!」と顔を見せてくれたのが子キツネでした。体長30㌢ほどの可愛いキツネに、大興奮でした。

Photo

 打合せをした後、早速、臼沢の森へ出発。木漏れ陽の柔らかな光を浴びた階段は、最高に気持ちの良い場所です。

Photo_9 Photo_2

 階段の中にもコナラの実生苗が芽生えていて、本物の森になってきたことが実感されました。

Photo_3

 植樹された場所に着くと、素晴らしい光景です。100名以上の皆さんが、大汗をかいて植えてくれた苗たちを見ると、大地にしっかり根を張って欲しいと思わずにはいられませんでした。

Photo_4

 ちょっと休息をとった後、作業開始。ネットを張ったネット下に鹿が嫌がる漁網を張りました。作業をしながら私たちは、ギラギラ照りつける太陽に向かって「雨を降らせて欲しい」と雨乞いをしました。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

 森作業には、稲葉理事も参加、この地に補植してくれた100名の皆さんの願いに応えて、苗木たち守っていきたい、との熱い想いが感じられました。

Photo_8

 稲葉さんには、下山後、苗床の撒水も時間をかけて丁寧にやってもらいました。「時々、水やりに来るよ!」と力強い言葉もいただきました。お疲れ様でした。

 真夏の陽気の中で頑張ってくれた皆さんは、稲葉、鎌田、岡安、橋倉でした。(報告・橋倉喜一)

2017年5月24日 (水)

一途一心に地産地消で安全・安心な「おもてなし」

第36回足尾ふるさとの森づくりに参加されたみなさま、みそ汁とコンニャクの味はいかがでしたか。当初370名の参加予定で材料を用意していましたがそれを上回る人数になり、嬉しい悲鳴をあげながら食材量を再検討しました。

Cimg5674

 地産地消を暮らしに取り入れていこうと考え、コンニャクは群馬県の旧子持村(渋川市)のコンニャクを購入し、余分なものが入っていない昔ながらの「バタ練り製法」で作られたものを使用しました。コンニャクの凝固剤はホタテの貝殻からとった水酸化カルシウムのみを使っているものです。前日から仕込みをし、味が染み込むよう気持ちを込めて用意しました。

Dscf2459

 私たちは“地球温暖化にブレーキをかけよう!”と、そのための暮らしを考えています。日本各地では、植樹祭の20日から猛暑日を観測するなど、5月の最高気温が観測史上初となっています。これも地球温暖化による気候変動であると思っています。穀物や食材輸入すればその過程では化石燃料が燃やされ、二酸化炭素排出を増やすばかりです。そこで住まいの近くの安全・安心な食材を暮らしに取り入れていただこうと願って作りました。

Photo

 みそ汁は出汁に煮干し粉を使いました。このため、みそ汁の中に黒い粒が点々とありました。そして具材には豆腐、油揚げ、長ネギをたくさん入れ具沢山のみそ汁にしました。また、長ネギは群馬県安中市産の長ネギを使用しました。味付けは暑い中で汗をかきましたのでコンニャクとみそ汁は少々濃い味にしました。

Cimg5671

 参加された方から「おいしかった」、「みそ汁はだしが効いていてよかったよ」、「コンニャクは味が染みていて美味しかった」という声を聞くことができました。

Photo_2

 お手伝いをしてくれた素敵な女性の皆さん、アドバイスをいただきありがとうございました。(事務局 岡部浩之)

2017年5月23日 (火)

標高1千㍍の地に、“森とも”100名が木を植えました

 森ともの熱い思いが届き、雲ひとつない晴天に恵まれた植樹祭。 標高約1千㍍の臼沢の森には100名の皆さんが登ってくれました。急傾斜の階段611段を水分が多く含まれた苗木6本と移植ゴテを持って、13年間で育った木々のトンネルをくぐり、登ってくれました。

Photo_15

 この地は2013年に植えた所ですが、毎年、鹿、猿、ウサギ、イノシシ等に食べられ、僅かに生き残っている程度になってしまいました。今年から3年間で補植を行い、臼沢の植林に区切りをつけようとしている地です。

3_2

 この地に100名の“森とも”の森づくりの情熱によって、1千本の苗木を植えられました。

Photo

Photo_2

 両手に苗木と道具と水を下げ、階段を30分程登ると急斜面の草地。気持ちが良い沢風に当たりながら一休み。

Photo_5

Photo_6

2

Photo_7

Photo_8

 参加者の甲斐犬も苗木運びを手伝ってくれました。

Photo_3

Photo_4

 どんな植え方をするのかインストラクターからレクチャーを受けて、足場の悪い地に穴を掘り“頑張って生きろよ!”と声をかけて植えてくれました。

Photo_10

Photo_11

Photo_9

3

Photo_12

4

 

 やり終えた“森とも”の皆さんの笑顔はとても輝いている様子で素晴らしく思いました。

Photo_13

Photo_14

2_2

 実は、植樹祭前日と本番の朝には、400本の苗木等を運び揚げていたスタッフ達がいました。天気予報では雨が降らない日が続くということで、植える前に苗木に水をたっぷりかけてやりました。ひとりで10本の苗木は大変な重さになるため、スタッフは一人20本の苗木や道具を運び揚げていました。

Photo_17

Photo_18

Photo_19

 でもその様子は写真のように、晴れ晴れとしていました。天気が異常で熱中症が心配でしたが、看護師さんのアドバイスと“森とも”の注意力で暑さをふっ飛ばしました。

2_3

 「今度こそは自然の競争に勝ってほしい」(60代男性)、「山を緑することは非常に大変なのですね、疲れましたが良い経験になりました」(30代女性)、など感想をいただきました。

Photo_20

 地球温暖化にブレーキをかけ、未来を生きる私たちの命を育む大地に元気を与えられた臼沢の森でした。参加者の皆さん、お疲れ様でした。心から御礼申し上げます。(水落一郎)

2017年5月21日 (日)

桐生RCが足尾・松木沢に900本の木を植えました

 昨日に続き本日も天気は晴れで森作業には少し暑い日でした。気温は20度を超えて、朝からの森作業で顔が日に焼けるほどでした。朝から植樹祭の準備でしたが、その前に、昨日の第36回足尾・ふるさとの森づくりのマルチングで気になるところに樹皮を足しました。

11

12

13

 その後、現場では植樹祭の準備に入り、苗木たちにたっぷりの水をまきましした。

14

 横断幕の張りつけや植樹の準備を丁寧に行いました。

15

16

 その頃、植樹祭参加者は足尾の歴史や森づくりの話を聞きました。レクチャーは東京事務所副所長・清水卓でした。

3

4

 本日のオプション植樹祭の主催者は「桐生ロータリークラブ」の皆さん、101名の皆さんが足尾松木沢に来てくれました。

5

6

 歓迎の挨拶を高橋が行い、スタッフの自己紹介と小黒事務局次長から苗木の植え方をレクチャーしました。

7

8

9

 暑い日でしたが松木川からの爽やかな風を受けて、モンゴル出身の若者たち笑顔、高校生の微笑み、親子の会話を見聞きすることができました。途中、休憩をしながら熱中症に気を付けて、未来のいのちを育む幼木を植えてくれました。

10

1

2_2

 植樹を植え終わった後、小学5年生の須藤(あき)(ひろ)君から「僕は、今日初めて足尾に来ました。トロッコ列車も初めて乗りました。桐生から近い所に、銅山があって、そこでガスが発生して、自然がこわれてしまったことを知って、驚きました。その場所で、木を植えるという活動ができて良かったです。自然は大切だと思いました。皆さん、どうも有難うございました」とお礼が述べられました。15時過ぎ、足尾の緑を育てよう!来年もお会いすることを約束して別れました。 

Photo_4

2_3

 当初は1千本を植える予定でいたので、現地に残ったスタッフは、100本の苗木を植え、1千本の苗木にマルチングを行いました。

Photo_5

 終わったのは夕方5半、後片付けをしてから植樹祭を振り返り、帰路に着きました。本日のボランティアは、鎌田、松村、橋倉、加賀、清水、小黒、仁平、高橋でした。(報告 高橋佳夫)

 

森びと検索

最近のトラックバック