2022年8月10日 (水)

熱中症と蜂対策万全で森作業

 8月10日、8:30、足尾松木の天候は快晴、気温は既に24℃です。打ち合わせで、今日の作業は午前に臼沢西の森の右下の草刈りをすること。時間があったら、9月の里親植樹を行う場所の土留めの修理をすることにしました。午後には、気温の上昇具合をみながら「りんねの森」土地改良ブロックの穴掘りを行うこととしました。

Img_3848 Img_3847 Img_3849 臼沢西の森に向かう途中の道は、あちこちで階段の横木や土留めの丸太が外されていました。恐らく熊がエサの蟻を探すために行ったものでしょう。熊や鹿・猿などの動物が森の住人であり、私たち人間が森の訪問者です。先日も福原さんが臼沢の森で小さい熊と出くわしています。充分に気を付けたいものです。でも、これだけの動物が住める森になってくれたからこその出来事です。Img_3850 Img_3863 草刈りの場所は、木が大きくなっているところもありますが、獣の食害にあって草に埋もれているものもあります。草が伸びて苗ばかりか人までが埋もれるほどの伸び具合でした。直射日光が当たり背中が暑くなってきます。木陰に入り長めの休憩を取りながらの作業でした。それでも筆者加賀はバテて少し気分が悪くなり30分も休みました。Img_3854 Img_3857 思っていたより草刈りの範囲が広く結構時間がかかりましたが、予定していた場所の草刈りは終了しました。

Img_3858 Img_3862 午後は、「りんねの森」土地改良ブロックの穴掘りを行いました。約1時間の作業でしたが、36個堀ことが出来ました。全部で136個を掘り、半分弱が出来ました。9月末までには330個を仕上げたいと思います。

Img_3865 Img_3871 熱中症、コロナ感染症、蜂刺され、熊との遭遇などなど大変なこともありますが、森づくりでかけがえのない地球が少しでも長持ちするようにと頑張っていきましょう。今日は、猛暑のため、早めの14:30に作業を終了しました。お疲れ様でした。

今日の森作業者は、鎌田さん、松村健さん、大野さん、濟賀さん、福原さん、筆者加賀でした。(報告:加賀春吾)

2022年8月 6日 (土)

いのちを守り、平和の心で森作業

 今日は8月6日、足尾の9時の気温は20℃。曇り空が広がり草刈り日和です。

Cimg0013

 8時30分に作業小屋に着くと、福原さんが軽トラに必要な道具を積んでいました。鎌田さんと筆者も、刈り払い機、トラロープ、ペンチ、針金などを軽トラに積むのを手伝いました。森作業参加者が全員そろいましたので、久しぶりにホットコーヒ―を飲みながら森作業のミーティングを行いました。

Dsc06986

 今日は、広島に原爆が落とされた日。9日には長崎。20万人の方が犠牲になりました。

 足尾でも、8時15分に街中にサイレンが1分間鳴り渡りました。自然破壊の最たるものは戦争だと思います。私たちは人類の生存基盤を健全にし、愛する人の命を守るために森づくりを通じて平和の松明を灯し続けようと誓いをあらたにしました。

Dsc06988

 午前中は8月2日の森作業に続き、JRFUが植樹した斜面の草刈りと獣害柵の修繕を行うことにしました。ミーティング終了後、直ちに臼沢現地に向いました。各自、蜂対策グッツや鎌などを持って臼沢の階段を登っていきました。

Dsc06989

Cimg0019

Dsc06997

 

 JRFU植樹地に到着し、鎌田さん、清水さんと筆者は手鎌で草刈りを行いました。10時頃になると気温がグングン上がり始め、温度計は30℃を差していました。

Cimg0023

Dsc07023

Cimg0027

Dsc07037

Cimg0037

 獣害柵修繕は、福原さんと済賀さん。北側の獣害柵を尾根まで登りシカやウサギが入れないようにしました。しかし、お互いの知恵比べですので定期的な点検が重要です。

Dsc07029

Dsc07084

 JRFU植樹地の草刈りと獣害柵修繕を終え、上段から3段目の植樹地の草刈りに移動しました。目を凝らしてみるとミズナラやブナ、イロハモミジなどの幼木が草の中に埋もれています。幼木を切らないように手鎌で草を刈りました。

Dsc07081

Dsc07074

 

 階段東側の植樹地の草刈りを終え時間が12時になりましたので作業に区切りをつけ下山しました。

Dsc07071

Cimg0048

Cimg0052

 12時30分に作業小屋に戻り、昼食を取りました。

 午後の気温は32℃に上昇しましたが、時折吹く爽やかな風が涼しく感じました。

 午後は、りんねの森の土壌改良ブロックの穴掘りを行いました。穴掘りはこれまでの掘方とは違いました。まず、掘る場所に鎌田さんが鉄の棒を刺してぐるぐる回し、土壌を柔らかくした後に、スコップで直径30cm、深さ30cmぐらいの穴を掘りました。そこに2袋(1袋14ℓ)の黒土入れました。効率も良かったのか、小一時間で50個の植樹箇所を掘ることが出来ました。

Dsc07132

Dsc07139

Dsc07149

Cimg0062

 その後、使用した道具類を片付けて、作業小屋で簡単なミーティングを行い、15時40分に本日の森作業を終了しました。

Cimg0017

Dsc07157

Dsc07179

 本日の参加者は、鎌田さん、福原さん、済賀さん、清水さん、筆者・大野でした。

(報告 大野昭彦)

2022年8月 3日 (水)

自然の脅威に注意して森作業

 昨日(8月2日)の足尾・松木は(8時20分)25℃で風もなく快晴でさわやかです。作業小屋に入ると水道の水がここ数日の雨で砂が入って茶色でしたが、約15分位流していると透明に変わりました。

Dsc06300

Dsc06323

Dsc06302 本日の作業者が全員揃いましたので、9時からミーティングです。午前中は、JR貨物労組の皆さんが昨年植樹をした臼沢の森の植樹地の草刈りとネット補修です。午後は、りんねの森の改良地の穴掘りです。ミーティング終了後、凍らせた経口補水のボトルとハチ対策の厚手の手袋を各人が持参しました。

Dsc06305

 9時20分には、臼沢の森の入口に到着し軽トラから鎌やハチ対策の備品やネット補修資材を全員で分散して持って階段を登りました。JR貨物労組の植樹地までの階段は、約200段を休みながら進みました。この階段の先頭を福原さんが登っていくと急に「クマだ!」と言う声が聞こえたので見上げると小熊が約20メートル上に見えました。クマも私たち人間に驚き右往左往して走り回りましたが、私たちの声に驚き私たちの視界からいなくなりました。今後は、クマにも注意です。

Dsc06306

Dsc06307

 JR貨物労組の植樹地に到着し、ひざを落として下から上に向かって手刈りでの草刈りです。篠竹の近くにある苗木に気を付けながらの草刈りです。約一年ぶりの苗木との再会です。苗木によっては、地上から15㎝位の所でスパッと切られているのも見受けられました。また、草に覆われていて息苦しそうな苗木を見ると、草刈りに来るのが遅れて申し訳ないという気持ちになりました。草を刈ると松木川からの爽やかな風に苗木が涼しそうでした。参加者は、熱中症に注意して水分を各人が休みながら摂りました。凍らせた経口補水のボトルの冷たさが身体の火照りを弱めてくれます。12時になりましたのでまだ全ての草刈りを終わらせることはできませんでしたが、健康第一で作業を終了しました。

Dsc06308

Dsc06309

Dsc06312

Dsc06314

 臼沢の森の階段の出口付近の森の温度を測ると28.7℃(12時30分)でした。「これじゃクーラーがいらない」と言う声が聞こえました。森の恵みに感謝です。

Dsc06315 森びと広場に戻り温度を測ると35.9℃(12時35分)でした。湿気があり大変蒸し暑く感じました。この温度計を見て昼食後の森作業は、熱中症防止のため中止にしました。

Dsc06316 昼食後に、みちくさの庭に行くとブラックベリーが熟して食べごろの黒色になっていましたので甘酢っぱい恵みを皆で堪能しました。

Dsc06322 福原さんからカロリーメイト、山内さんからアクエリアスを頂きました。差し入れありがとうございました。

Dsc06303

Dsc06304 本日の作業者は、山本さん、松村宗雄さん、福原さん、山内さん、大野さん、加賀さん、筆者(済賀)でした。本日は、強烈な夏日の中の森作業ありがとうございました。帰宅後は、十分休養を取つて下さい。(報告者 済賀正文)

2022年8月 1日 (月)

第一回「エコ散歩」を開催しました!

7月の最終日、都心は真夏日で気温は35度を超えました。意識がもうろうとしそうな暑さではありましたが、目黒の自然教育園にて行った第一回「森びとエコ散歩」、無事終了しました。

Dsc06875_2

Img_5525 なんと園近くの路面は60.1度を記録。
目玉焼き作れそう・・・

今回のメンバーは男女合わせて10名で、ほとんどが、『自然教育園』に足を運ぶのは初めてという方でした。

観察力をあげるゲームと自己紹介をお互いにして歩き始めました。森の中は木陰が若干涼しいですが、それでも30度近くで、日が射すところだととたんに体感の温度もあがります。

Img_5530_3 自己紹介後手作りの名札を作りました!

Thermo 地面温度ですが木陰と日向ではこんなに差が


今の時期、園内は花こそ少ないですが、大木あり、倒木ありで、濃い緑が青空に映えて歩いていて気持ちがいいですね。(暑さはこたえますが・・・)

Dsc06881スダジイの大木

Dsc06911クサギの花

Img_5543キツネノカミソリがきれいでした。

Dsc06930ちょっと飛行機がうるさいです。何とかならないかなぁ
飛行ルートが変わったのが原因?

みんなで一緒に主役の木や分解動物の働きなど、森の仕組みを楽しみつつ見ていきました。

Img_5545

Img_5546

みっちり2時間半ほどあるき、最後は集まって振り返り。一番の意見は「暑かった(すぎる)!」というものでしたが、個人的にはとても楽しいエコ散歩となりました。

今回は第一回ということで樹木を中心に森を見ていきましたが、森の中にはいろいろな生き物もいますし四季折々の変化もあります。年4回を計画していますので、第二回は趣向を変えてエコな散歩ができたらと考えています。

Dsc06958_2

猛暑ともいえる暑さの中、ご参加くださいましたみなさまには心より感謝いたします。ありがとうございました。Youtubeでも報告があると思いますので是非そちらもご覧ください。(運営委員 小黒伸也)

2022年7月31日 (日)

雷様(らいさま)に敬意を表して森作業

Dscn8350  今日の森作業は、森づくりスタッフから事前に連絡をもらった①大雨が続いたので、民集の森と臼沢西の森獣害ネットの点検、②臼沢の森のネットの破損個所の修繕を行いました。

Dscn8351  民集の森の東側山裾よりの斜面は、今まで2度大雨による土砂流入で獣害柵が壊されました。そんな記憶がよみがえりましたが、何事もなくホッとしました。

Dscn8353  臼沢西の森は、落石による被害はありませんでしたが、東側の柵の外にシカの死骸があったため、クマと思われる柵の乗り越えによって、一部が壊れていました。

Dscn8359

久し振りの臼沢の森は、とても涼しい世界をあたえてくれました。少し登ると昨年苦労して作った階段が現れます。とても登り易く、続きの修繕を今年も頑張ってやりましょう。

Dscn8362弘永スタッフは、獣害ネットの修繕を行いました。既設のネットの内側に作ったネットに大きな穴が空いていました。

Dscn8363

ネット修繕が終わるころ、雨が降り始めました。急いで下山を始めましたが、森の効用でほとんど濡れずに済みました。しかし、作業小屋に着いた頃は、激しい雷雨となってきました。

Dscn8364

 足尾ジャンダルムも、朝の様相とは一変してしまいました。


Dscn8365

この雨の中、手洗い場近くにアナグマが現れ、一心不乱にエサを探していました。

Dscn8368

小雨になってくると、山々は霧に覆われてきました。この機を逃さず「みちくさ」に、出来立てほやほやの「森の木魂」第7号をセットしてきました。、


Dscn8370

Dscn8371

本日の森作業は、弘永、橋倉(筆者)でした。

森びと検索

最近のトラックバック