森びとプロジェクト委員会とは

 私たちの~山と心に木を植える~「森びとプロジェクト委員会」(以下、「森びとプロジェクト」と略す)は、ドングリを拾って苗を育て、その苗で森づくりを行います。この「森づくり運動」の大きな目的は、森づくりを通じて「自然環境と人間の命を大切にする心を育む」人づくりです。
 近い将来、人間が本物の森を再生しなければ、地球上の人間をはじめとした生物の生命が危ぶまれてしまいます。その要因の多くは人間の傲慢な活動にあります。

 私たち「森びとプロジェクト」は、”人間をはじめとした生物の生命の危機”に対して、今、人Img01 間ができることを実践していかなければならないと考えています。世界の子どもたちの未来を見据え、「人に優しい自然環境と社会環境」をめざし、私たち大人が子どもにたちとともに、その基盤をしっかりつくりだしていきたいと考えます。

 「地球がおかしくなってしまうのでは?」と、生活の中で感じることが多々あります。世界の気象は異常続きです。2003年の夏、ヨーロッパは記録的な熱波に襲われ、多くの犠牲者がでました。また、世界のいくつかの都市では、予想をはるかに超えた集中豪雨による大洪水、干ばつが頻繁に発生し、今年も続いています。それは日本においても例外ではありません。そのうえ、戦争や紛争によって自然環境と社会環境が破壊されています。
 忍び寄る地球温暖化に対して、何か効果的な対策を打つことはできないか。未来を生きる子どもたちと私たちのために地球を守りたいと、ひとり一人の力を集結させたプロジェクトが「森びとプロジェクト」です。

 森づくりの指導者、横浜国立大学名誉教授で植物生態学者・宮脇 昭先生の考えのように、その土地由来の「どんぐり」の木々はその習性からその土地に根を張り、しっかりとした森をつくっています。この森は人間が生きていくためにかかすことのできない恵を私たちにあたえてくれています。「森びとプロジェクト」は宮脇 昭先生をはじめ、各地で森づくりを進めている方々で構成している組織です。
 この組織は年内に発足させ、来年から運動を展開したいと準備をすすめています。志は世界の森づくりですが、当面は、東日本管内の各県で森づくりを展開したいと考えています。その精神は、田中 正造さんと民衆の生き方を現代に活かしていきたい、ということです。
 栃木県・足尾町に起ち、130年の足尾銅山の歴史を振り返り、私たち人間が二度と同じ過ちを繰り返さないために、その実践として渡良瀬川源流の森を再生したいと考えています。
 「人に優しい自然環境と社会環境」をめざし、「自然環境と人間の命を大切にする心を育む」人づくりを足尾町で展開していきます。この運動を次世代にバトンタッチできるように、その基盤をしっかり整えていきたいと考えています。

Img02

森びと検索

最近のトラックバック